長期・積立・分散

経済(金利・為替・株価)

市場が急変時の時期の投資の考え方

米国の政策金利引下げ、更に米中の貿易戦争は解決の出口が全く読めない状況の中、投資初心者の方から「今の時期は投資は控えた方がいいのでしょうか・・・」との相談も頂いております。 残念ながら、それは賢い選択とは言えません。その根拠について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。
お金を増やす(金融商品)

ドルコスト平均法で失敗しない為の2つの大事な考え方とは

金融庁が推奨する「貯蓄から資産形成へ」に向けて、具体的な手法が「ドルコスト平均法」になります。しかし、ただやればいいというものではないのです。注意点もあるのです。では、失敗しない為の2つの考え方についての解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAの銘柄変更時の注意点と損をしないための考え方

既に積立NISAに取り組んでいるが、このまま淡々と続けていいのか分からない。銘柄変更がいいと聞いたこともあるが、どういう基準で銘柄変更をすべきかの判断がつかない。そんな方への解説です。
お金の勉強・基本

小学生でも分かる投資信託:インデックスファンド、アクテイブファンドとは

投資信託を始めようと思っているが「インデックス型」「アクテイブ型」という言葉にぶつかり、何がどうなっているのか分からずに止まっている方が多いのが現実です。この「インデックスファンド」「アクテイブファンド」とは何なのか?結局、どっちがいいのか。解説です。
お金を増やす(金融商品)

投資信託営業の問題点、回転売買とは

投資信託の営業現場で行われているのが「回転売買」です。投資の基本の1つである「長期」を無視した手法であり、それが金融機関の主導で行われているのであれば大きな問題です。その実態に迫ります。
派遣社員・パート

派遣社員の厚生年金加入には2つの条件が必要!

派遣社員でも厚生年金には加入できます。しかし、無条件ではなく2つの条件があります。更に将来もらえる年金額は、正社員と比較しても少なくなり、早い時期から、老後資金の準備も必要です。では、その具体的な方法とは・・・。
お金を増やす(金融商品)

老後の資産形成におすすめのリスクの低い投資商品2つ

後を絶たない投資詐欺。金融商品には完璧な商品はありません。商品の特性を理解した上で、分散投資をする事が大事です。そして、その中でも、リスクの低い投資商品を2つご案内です
税金

つみたてNISAで税金はかかる?確定申告の時は何をすればいいの?

金融庁が推奨する金融商品が「積立NISA」です。長期・分散・積立という投資の基本を兼ね備えており、ファンドも金融庁の厳しい選定基準をクリアした商品です。では、実際に税金はかかるのか。確定申告は必要なのか?
お金を増やす(金融商品)

投資信託

投資信託は投資の中心となる運用商品です。少額から、幅広い銘柄に分散投資が可能ですので、基本的なしくみ、リスク、手数料等を正しく理解した上で、効率良く運用したいですね。