分散投資

分散投資

皆さん、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.21

 

本日は「分散投資

 

 


分散投資」とは資産運用のリスクを軽減する為に使われる投資の手法です。

 

何を分散するのか

資産の分散

商品の分散

金融商品はたくさんあります。

そして、金融商品は大きく2種類あります。

お金を増やす商品

②お金を守る商品

 

今回は①のお金を増やす商品に限定しても、例えば投資信託、iDeCo、積立NISA、変額保険、不動産投資信託、株式投資、金投資、国債、社債、銀行預金、米国債・・。

 

数え切れない商品があります。

大事な事は1つの商品に集中しない事です。

 

金融商品には残念ながら完璧な商品はありません。

 

これは、私の30年間の金融実務経験の確固たる確信です。

最低でも2つ以上の複数商品を選択する事がスタートになります。

 

ファンドの分散

ここでも大きく4つに分けます。

①国内株式

②国内債券

③外国株式

④外国債券

 

なぜか?

実は、経済状況は日々変動します。

株式にせよ、債券にせよ、国内だけの情勢と世界全体では違います。

 

大事な事は、どんな事態になっても、運用を減らさない事です。

 

その為に、4つの資産に分散する事です。

 

株式に集中されている方、その中でも米国に集中されていた方は、リーマンショックで多くの資産を失っています。

 

私も若い時代に、1社の株式投資に集中した為に、全財産を失った経験があります。

 

 

時間の分散

以外と理解されていないのが「時間の分散」です。

 

分かりやすく言えば、一度にまとまった資金を一度に運用するのではなく、毎月コツコツと地道に積上げる「積立投資」です。

 

残念ながら、10年後、20年後の経済情勢、相場を予想的中する事は不可能です。

 

ですので、まずはリスクを回避する事、リスクを軽減する事が大事なのです。

 

その代表的な手法が「ドルコスト平均法」です。

 

5月18日にも記事に書かせて頂きました。

ドルコスト平均法
ドルコスト平均法とは、毎月決まった金額を投資する手法です。今や、時代は大きく変わりました。国の年金だけで老後生活を送る事は不可能です。若い時期から「ドルコスト平均法」を利用し、計画的に老後資金の準備をする事が大事です。

 

 

分散投資が必要な理由とは

私が銀行に入り、2年目の1989年~1990年は銀行の定期預金金利は高く、分散投資をする必要がない位に1本の運用で稼げた時代もありました。

 

しかし、続いたのは2年程・・・。

 

その後、バブルは崩壊。低金利、株価低迷、消費の低迷、デフレ、少子高齢化、東日本大震災等々、経済状況は厳しさを増し、日本国内だけで運用する事は困難な時代になりました。

 

今は、世界に目を向ける事が大事です。

 

しかし、世界も日々政治情勢の変化等により、為替を始めとして、経済情勢は刻々と変化をしております。

 

ですので、1つの国、1つの通貨、1つの商品、1つのファンドだけで資産を増やす事は限界なのです。

 

ですので、資産を増やす前に、資産を減らさない事が大事なのです。

 

その上で、あらゆる事態が生じても資産を確実に増やす為の仕掛け作り、それが「分散投資」なのです。

 

銀行も保険会社も教えない「お金の勉強」「お金の増やし方」を学びませんか。

 

毎月、2回「マネーセミナー」を開催しております。

 

人生100年時代を笑顔で送る為のヒントが盛りだくさん!

 

セミナーはこんな感じです。

10名以下の小人数です。

質問し放題のセミナーですよ。

 

お気軽に足を運んでみて下さい。

 

そこから、何かが始まります・・・。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント