公的年金

ねんきんネットで試算すると自分がもらえる年金額が少ない!なぜ??

ねんきんネットでは、自分が将来もらえる年金額を確認できます。しかし、実際確認すると、以外と金額が少なく感じる事もあります。それには、明確な理由がありますので、なぜ少ないのかを理解する事が大事です。それを理解した上で、自分の年金額をどの程度増やす事ができるのか、国民年金と厚生年金に分けて具体的に解説です。
銀行融資・住宅ローン

コロナ禍でも住宅ローン破綻を起こさない為の4つのポイントを解説

新型コロナウィルスの感染拡大の中でも、住宅ローンを組んで住宅を購入するニーズは高いようです。一方で、住宅ローンを払う事ができず延滞し、最終的にはマイホームを手放す方も増えております。では、どうすればコロナ禍でも延滞をする事なく、住宅ローンを払い続ける事ができるのか。4つのポイントを解説です。
銀行融資・住宅ローン

コロナ禍で住宅ローンを払えない方が今すぐにするべき事は2つ!

コロナ禍で住宅ローンを払えない方が増えてきました。同時に、せっかく手に入れたマイホームを手放す方も増えてきました。では、住宅ローンを払えそうにない時に、そのまま延滞すればいいのか?それは違います。その前にやるべき事があります。1つ目が現状把握です。2つ目が金融機関への相談です。この相談をする事で人生が大きく変わります。
公的年金

ねんきんネットで自分のもらえる年金額を試算する際のポイント

ねんきんネットを使えば、自分が将来もらえる年金額を試算できます。その際に、押さえておきたい数字は2つ。1つは過去の給料収入で平均標準報酬月額です。2つ目が加入期間。この2つの正しい数字が分かれば、自分が何歳から年金をもらいたいのか、受給開始年齢を決めるだけです。受給開始年齢は60歳から75歳までの期間で選択できます。
お金を増やす(金融商品)

投資信託で失敗しないために知っておきたい4つのポイント

投資信託は優れた金融商品です。しかし、残念ながらやり方を間違った為に、思うような投資成果を出せない方も多いようです。その最大の問題がファンドの選択です。日本には約6000本のファンドがあります。では、どのような基準でファンドを選べばいいのか。ポイントを4つに絞って解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

投資信託で繰上償還されない目安はあるの?実例から検証します!

投資信託には、繰上償還というしくみがあります。このしくみにより、せっかく始めた投資信託の運用が、突然終了する事態になります。そして、ほぼ毎月繰上償還されるファンドがあります。繰上償還されればデメリットしか生じません。では、事前に繰上償還されないファンドを選ぶ事はできるのか、目安はあるのか、過去の実例から検証します。
損害保険・地震保険・共済

自転車保険は使えるのか?リスクから考える使える保険を解説します!

2013年に、自転車事故による9521万円の損害賠償請求の判決が出ました。以降、各自治体を中心に、自転車保険が普及してきました。しかし、多くの方は、補償内容を理解できず、入る事で満足をされているのが現実です。実際、今販売されている自転車保険が、いざ、という時に本当に使える保険なのか。お勧めの保険も紹介です。
お金を増やす(金融商品)

投資信託で繰上償還されるとどうなるのか?デメリットを解説します!

投資信託は、優れた金融商品です。併せて、2021年3月現在で、投資信託の純資産総額は5ヵ月連続で、過去最高を更新しております。一方で、毎月繰上償還されるファンドもあります。繰上償還されると様々なデメリットが生じます。
お金を増やす(金融商品)

あなたは大丈夫?投資信託の2つの選択方法を間違ってませんか?

投資信託をされる方が増え続けております。一方で、始めたはいいが、しくみを理解できていない方や元本割れしている事実を理解されていない方も多くおります。実は投資信託で大事な事は、スタート時点の2つの選択です。1つ目が金融機関の選択、2つ目がファンドの選択です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金はいくらもらえるの?計算方法を解説します!

特別支給の老齢厚生年金は、特別な方限定で、最長で5年間もらえる年金です。多くの方は65歳からもらえる老齢厚生年金と混同されてます。しかし、制度が違うので、別々の請求が必要です。では、いくらもらえるのか。自分で計算もできます。