米国債

米国ゼロクーポン債を途中解約する場合の注意点

リスクの小さい投資商品として注目されているのが、米国ゼロクーポン債です。 満期まで保有すれば、ドル建での元本保証もあり魅力ある金融商品です。 一方で、途中で解約をする事もできます。その際の注意点について解説をさせて頂きます。
外貨建保険

外貨建て保険に契約する前の確認すべき3つのポイント

生命保険会社が銀行窓口で販売する「外貨建て保険」への苦情が2018年度は、前年に比べて3割増えていたようです。なぜ、苦情が増えるのか。それは売る側の説明不足です。そこで、外貨建て保険に契約する前の確認すべき大事な3つのポイントについて解説です。
投資

投資初心者のためのやさしい4つの基本

人生100年時代。老後資金を準備しなければいけない事は誰しもが分かってます。しかし、次から次と金融機関の不祥事が続き、一体どこに相談すればいいのかも分かりません。 そこで、金融機関に相談する前に知っておきたい投資の基本について解説です。
米国債

投資初心者に優しい米国ゼロクーポン債の3つの魅力

米国と比較しても、国民の金融資産が中々増えない日本。その根本原因は、やはり投資教育ができず、投資に関しての誤解が最大の要因です。 しかし、投資の知識がなくても、安心して投資ができる金融商品もあるのです。それが米国ゼロクーポン債です。投資初心者でも安心できる3つの魅力について解説です。
公的年金

「老後2000万円」問題は、冷静に正しく理解しないと、自分が後悔します

2019年5月22日の金融庁の報告書。大事な提言のはずが、僅かな説明不足、配慮不足もあり、併せて政治利用にまで発展し、SNSのみならず、連日マスコミ報道の中心となり、大きく問題化されました。しかし、ここで大事な事は、今後の老後生活を迎える中で、我々はなるべく早い段階から、資産形成の準備が必要だという事です。
公的年金

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。
公的年金

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
ドルコスト平均法

ドルコスト平均法で失敗しない為の2つの大事な考え方とは

金融庁が推奨する「貯蓄から資産形成へ」に向けて、具体的な手法が「ドルコスト平均法」になります。しかし、ただやればいいというものではないのです。注意点もあるのです。では、失敗しない為の2つの考え方についての解説です。
積立投資(iDeCo、積立NISA)

iDeCoの元本保証型/元本確保型でマイナスになるケースとは

最近、iDeCoを始めたが、実は中味をほとんど理解していなく、且つ元本保証型を選択されている方が多いのが実態です。しかし、元本保証でありながら、実は元本割れをしている現実すら理解されていない方が多いのです。では元本保証型でマイナスになるケースとは、具体的に解説をします。
老後資金準備

老後資金の準備はこれでばっちり!必ず押さえておきたい4つの方法

老後資金の準備が必要ということはわかっているが、何からやればいいのか、どうすればいいのか、方法が分からない方がたくさんおります。では、具体的に今何をすればいいのか、具体的な方法を4つ紹介です。しかし、金融商品に完璧な商品は存在しませんので、最終的にはプロによるアドバイスが必要なのです。