騰落率

お金を増やす

皆様、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.57

本日は「騰落率

 

★8月の『マネーセミナー』の参加予約受付中です。

■8月30日(木)18時30分

参加予約は「メニュー」⇒「セミナー予約」から

人生100年時代を笑顔で送る為のヒントが盛りだくさん!

 


騰落率(とうらくりつ)」とは、投資の成績を示す指標の一つで、ある期間の始めと終わりで価格がどれだけ変化したかを表すものです。

 

騰落率=[購入時との基準価額の差]÷[購入したときの基準価額]×100

<例>

基準価額1万円が3年後に1万5千円になりました。

騰落率は5千円÷1万円×100=50%

*つまり、3年間で50%値上がりしました。

 

年利とは考え方が違います。

 

騰落率の見方

 

投資の成績を判断する際には、たくさんの指標がありますので、そのしくみと役割を理解する事が大事です。

 

騰落率の見る上での、大事なポイントは1つです。

なるべく、長い期間で見る事です。

1年や3年ではなく、最低でも10年

そして、設定来騰落率」です。

当然ですが、数字は高い方が、ファンドが順調に成長している事を意味します。

 

 

騰落率活用のポイント(注意事項)

1.騰落率は、過去の実績に過ぎません。将来は予測できません。

2.騰落率は、複数の期間で検証する。

3.騰落率の他に、『トータルリターン』や『シャープレシオ』、『標準偏差』、更に運用報告書等も参考にしながら、あらゆる角度から判断をする。

 

尚、「シャープレシオ」の記事もご参照下さい。

https://nobu0824.com/2018/07/06/シャープレシオ/

 

併せて、「標準偏差」の記事もあります。

https://nobu0824.com/2018/07/10/a-standard-deviation/

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

コメント