引受基準緩和型医療保険

命を守る

皆さん、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.41

 

本日は「引受基準緩和型医療保険

 

 


引受基準緩和型医療保険」とは、持病があったり、健康上の理由で、通常の医療保険に加入できない方向けに開発された医療保険です。

 

 

ニーズの高い医療保険

平均寿命が伸び続ける中で、日々健康管理でご苦労されている方も増えております。

 

一方で、各保険会社の医療保険の審査も年々厳しくなり、残念ながら医療保険に加入したくても、加入できない方も多いのです。

 

そんな多くの方の為に、商品開発されたのが「引受基準緩和型医療保険」です。

 

開発当初は、50歳以上の方限定の保険会社が多かったのですが、最近は20歳や30歳から契約できる内容に改定が進んでおります。

 

特に、入院歴はないのに「投薬」をされているだけで、医療保険を諦めていた方には、有難い保険になります。

 

 

審査基準は?

 

気になる「審査基準」ですが、基本的には、各保険会社「告知」のみです。

 

告知内容は、保険会社により違いますが、多く使われている告知項目を紹介させて頂きます。

 

■最近、3カ月以内に、医師から入院手術検査のいずれかをすすめられたことがありますか?または、現在入院中ですか。

 

■過去、1年(もしくは2年)以内に、病気やケガで入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。

 

■過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物(肝硬変、統合失調症、アルコール依存症、認知症)で入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。

 

具体的には、各保険会社のHPやパンフレット等で確認をしてみて下さい。

 

 

注意事項

では、次に何点かの注意事項です。

 

1.まずは、通常の医療保険で検討してみて下さい。なぜなら、その方が保険料も安く、保障も充実しているからです。

 

2.多くの保険会社は、契約日以降1年間の支払いは50%の削減払いをされておりますので、契約前に内容を確認しておいて下さい。

 

3.告知は正直に申告して下さい。残念ながら、過去にも虚偽の告知をされて、契約以降に保険会社から、契約解除をされた方がおります。

 

 

お勧めの商品は?

数多くある医療保険から、特定の保険会社の商品を選ぶ事は難しい事です。

その上で、大事なポイントを2つ。

 

1.がん一時金か3大疾病一時金が付帯できる。

*通常は50万円か100万円を選択できます。

 

2.3大疾病の払込免除特約が付帯できる。

*がんの場合は診断だけで認定されますが、急性心筋梗塞や脳卒中の場合は、60日以上の労働制限の診断が必要な保険会社が多いです。

 

上記の2点は、私個人のこだわりですが・・・。

 

医療保険に加入する前に、社会保障制度のしくみ、特に高額療養制度のしくみをご理解頂ければ、通常の入院費用については、神経をすり減らすような請求はきませんので、ご安心下さい。

 

やはり、怖いのはがんです。

そして、がんの再発です。

 

これだけは、誰も分かりません。

その為に、「がん一時金」にこだわるのです。

そして、できれば、何度でも請求ができる(もしくは1年に1回)内容なのか、確認をしてみて下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメント