標準偏差

標準偏差

皆さん、おはようございます。

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.46

 

本日は「標準偏差

 

 


標準偏差」とは、一言すれば「平均値」であり、更に追加すれば「ばらつき」の指標で、投資のファンドを選択する際に使われる重要な指標です。

 

 

 

標準偏差が必要な理由

多くの方は、学生時代に「中間試験」や「学期末試験」、或いは高校受験等を経験されています。

 

例えば、普段成績の悪い方が数学の試験で70点取りました。

 

では、この70点の価値はどの程度なのか?

平均点が50点の中での70点と、平均点が80点の中での70点では、価値が全く違いますよね。

 

そこで、この平均点になるのが「標準偏差」と呼ばれています。

 

7月6日付のブログで紹介をさせて頂きました「シャープレシオ」と共に、投資判断の際に使われる大事な指標になります。

 

標準偏差の使い方

多くの日本人は、投資と言えば、過去のリターンを重視します。

 

しかし、投資の世界は政治情勢や経済情勢、国際情勢等で日々大きく変動します。

 

では、どの程度の変動幅があるのか、言葉を言い換えれば、どの程度のリスクがあるのかを瞬時に見る事ができるのが「標準偏差」なのです。

 

そして、具体的には「年間平均リターン±1標準偏差に収まる確立は68.3%

 

年間平均リターン±2標準偏差に収まる確立は95.4%」と見ることができます。

 

例えば、平均リターンが8%、標準偏差が15%であれば、

■1年後にリターンがプラス23%マイナス7%に収まる確率は約68%

 

■1年後にリターンがプラス38%マイナス22%に収まる確率は約95%という事になります。

 

ですので、ポイントは2点です。

①リターンだけでは判断しない。

②標準偏差は小さい方が安心できる。

 

では、どうやって「標準偏差」を確認するのか?

 

2018年7月6日付のブログ「シャープレシオ」でも紹介しました「モーニングスター」のシャープレシオランキングから見る事ができます。

 

モーニングスター [ ファンドランキング‐シャープレシオ‐] ‐投資信託ランキング『投資信託評価のグローバルスタンダード』
シャープレシオファンドランキング,運用期&#38291...

 

但し、個別のファンド毎にクイックしないと「標準偏差」を見る事はできません。

 

一度試してみて下さい。

 

 

はい、という事で、「積立投資」はしたいが、「どのファンドを選んでいいのか」、「選定規準が分からない」、という方には「シャープレシオ」と「標準偏差」は大きな味方になるのではないでしょうか。

 

 

更に、理解を深めたい方は、一度「マネーセミナー」に足を運んでみて下さい。

 

 

大きなヒントが見つかります。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. […] お金を増やす iDeCoの効率を更に高める手段とは お金を増やす 標準偏差 お金を借りる 住宅ローン審査の3大基準とは!その① […]