相続・事業承継

相続・事業承継 相続・事業承継
相続・事業承継

生涯独身になったら、相続はどうすればいい?

生涯独身になる方が増えております。 では、独身の方が亡くなったら自分の財産はどうなるの? 自分の死んだ後の事は関係ないでは済まされ事もあるのです。 そして、実は亡くなる以上に怖いのが認知症です。 その対策について・・・。
相続・事業承継

代償分割

代償分割は何故必要なのか。その事を理解して、相続が起きる前から対策をする事が重要です。誰にでもできる代償分割方法について学びませんか。
相続・事業承継

争族

争族とは資産のある家庭に起こる事であり、自分には関係ない、と思われている方が多いのです。しかし、実態は、普通の一般家庭で争族が発生しております。その理由と対策についてまとめました。
相続・事業承継

生命保険の非課税枠

生命保険の非課税枠には大きく2つの効果があります。1つ目が節税対策、2つ目が遺産分割対策です。そして、生命保険は入ればいい、というものではありません。契約形態が重要になります。誰が契約者で、被保険者で、受取人か、これを間違うと、相続対策にはなりません。
相続・事業承継

小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例は、亡くなられた方と同居された方が、引き続き、所有し、住み続ければ、土地の評価額を80%減額できる有難い制度です。しかし、この特例を悪用しようとする方も増え続け、要件は厳しくなってきました。相続が発生する前に、まずは専門家に相談する事が大事です。
相続・事業承継

遺留分

遺留分とは、相続人に最低限認められている遺産分割の権利でありますが、実際に遺留分を請求する事は大変な事です。できれば、生前中から、遺留分を侵害しない範囲での対策が必要なのです。
相続・事業承継

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、3つの遺言の中で一番取り扱いの少ない遺言の手段です。それは、手間ひま、費用を掛けながらも、安全性、確実性に欠けるからです。相続後の起こりうるトラブル防止の観点からのお勧めは公正証書遺言です。
相続・事業承継

公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言の中で、最も安全で確実な遺産相続の手段になります。しかし、一方で3つのデメリットもあります。その内容を理解した上で、自分に合った事前準備をする事が大事です。
相続・事業承継

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、費用がかからず、手軽にできる遺言ではありますが、要件を満たさない場合等、無効になる可能性も高いのです。遺言を作成する前に、どの手段が一番いいのか、比較検討する事が大事です。
相続・事業承継

波平さんに宝くじが1億円!さあ、相続税はどうなる!?

波平さんに宝くじが1億円当たりました。何もしなければ相続税が発生するのか?何か対策はあるのか?