積立NISAの活用大作戦

積立投資(iDeCo、積立NISA)

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.49

 

本日は「積立NISAの活用大作戦」です。

 

はい、昨日までで、「積立NISA」の説明はさせて頂きましたが、本日は具体的な活用方法についてです。

 

iDeCoとの併用

iDeCo、積立NISAとも、商品の強み、弱みはあります。

 

しかし、併用する事で威力は倍増するものです。

併用する事のメリットを考えましょう。

 

①毎月の掛金が所得控除できる(iDeCo分)

②途中での引出しは自由(積立NISA分)

老後資金を計画的に準備できる(iDeCo分)

④経済情勢によりファンドの変更が可能(iDeCo)

 

ちなみに、iDeCoを詳しく知りたい方は

iDeCoって何ですか?
金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。意外と知られていないiDeCoについて・・・。

 

 

変額保険との併用

変額保険と積立NISAの併用でも、威力は倍増します。

具体的には

 

死亡保障を終身で確保(変額保険)

複数の目的に対応(変額保険、積立NISAとも)

掛金の限度なしで高いリターンが可能(変額保険)

④経済情勢によりファンドの変更が可能(変額保険)

 

*尚、変額保険の注意点として、10年以内に解約をされた場合はペナルテイー(解約手数料)がかかりますので、短期運用を目的の方には向いてません。

 

尚、「変額保険」を詳しく知りたい方は

変額保険
お勧めする金融商品は時代と共に変わります。今の時代の有力な金融商品の1つが「変額保険」です。しかし、有力な商品にも関わらず、販売をしている保険会社、販売実務経験者が少なく、正しい情報が伝えられていないのが最大の問題です。ポイントは世界経済に

 

ファンドの組み合わせ

さて、おそらく、実際に積立NISAを始めようとして悩むのがファンドの選定です。

 

私も、今回SBI証券で口座開設をして、積立NISAの申込をしました。

 

いざ、ファンド一覧を見ると、その数が何と

122!!

 

さすがに、全ファンドの詳細を確認する事は時間的にも無理ですが、適当に6つのファンドを覘いて見ました。

 

ざっと、感想ですが。

●基準価額    

10,256円~26,266円

*基準価額とは、投資信託の1口あたりの値段であり価値です。

 

通常、運用の開始時は1万口あたりの基準価額は1万円です。

 

この価額は参考程度に見てます。

価額が低ければ毎月多くの口数が購入でき、価額が高ければ少ない口数が買える、との認識です。

 

私の場合、最終売買するのは20年先の事なので、今の価値で一喜一憂するのは意味がないと考えます。

 

むしろ、口数を増やし、且つ将来性のあるファンドを選びます。

 

●純資産     

2百万円~18、758百万円

*純資産とは、ファンドの資産から負債を差し引いた財産の合計です。

 

投資信託は日々売買されてますので毎日変動します。

これは、重要視します。

 

さすがに、規模があまりにも小さく、いつなくなるのか分からないようなファンドは避けます。

 

●基準価額騰落率 

2.56%~162.66%

*基準価額騰落率とは、購入した時の基準価額を基準にして、投資信託の価値がどれだけ変化したのかです。

 

これは数字に惑わされてはいけませんね。

単純に高ければいいのか?

 

同じ高いのでも長い期間(例えば10年)での比較をするべきであり、直近の1~3年位の数字は参考程度です。

 

時間の関係上、3つのポイントしか見てませんが、

 

私が最重視するのは、

第1にファンドの方針です。

第2に純資産。後は参考程度です。

 

そして、更に重視する指標があります。

「シャープレシオ」

詳しくは

シャープレシオ
シャープレシオは、投資信託を購入する際、どのファンドを選択したらいいのかの判断指標のひとつです。計算方法は覚える必要などありません。公表されているシャープレシオランキングを上手に活用しましょう。

 

「標準偏差」

詳しくは

標準偏差
積立投資をしたいが、どのファンドを選べばいいのか分からなく、足を踏み込めない方はたくさんおります。そんな方には「シャープレシオ」と「標準偏差」この2つの指標を見る事で自信を持って前進できます。まずはお試し下さい。

 

ファンドの選定も1つに絞るのは中々しんどい作業です。

 

できれば複数のファンドを組み合わせる事でリスクも分散され、複数の目的に適用できます。

 

基準価額の変動が、最終的に運用益にどのような影響を及ぼすのか?

 

これについては、私の「マネーセミナー」の後半積立体験ゲーム」でも詳しく解説をさせて

頂いておりますので興味のある方は、お気軽にご参加下さい。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. 豊田博文 より:

    おはようございます。
    具体的な活用法ですね!
    参考にさせていただきます。

    • nobu1118 より:

      おはようございます。
      やはり、観念ではなく、行動論が、大事かと思い、
      これからも叫びます。