iDeCo

公務員

公務員のiDeCo加入での節税効果は1,000万円以上も可能!

公務員がiDeCoに加入した場合のメリットは自営業や会社員に比べて少ないと思われています。それは事実ではありますが、やり方次第では、実は大きな節税をする事ができます。その節税金額が1,000万円以上になる可能性もあります。その手段を解説です。
公務員

公務員でもiDeCoに加入すべきか?メリット、デメリットを解説

2017年から公務員の方もiDeCoに加入する事ができ、順調に加入者は増えております。一方で、自営業や会社員と比較するとメリットは少ないのでは?との声も聞かれます。果たしてどうなのか。公務員がiDeCoに加入するべき明確な理由について解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAのデメリットを知った上でも始めた方がいい方とは

金融商品に完璧な商品はありません。大事な事はメリットもデメリットも理解した上で、複数の商品で分散投資をする事です。特につみたてNISAはデメリットがあろうが、始めた方がいい方がたくさんおります。その詳細について解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)を始める時、おすすめの3つの金融機関はここだ!

老後資金準備のための最強の金融商品がiDeCoになります。しかし、多くの方が、どこの金融機関を選べばいいのかが分からいのです。iDeCoを販売できる全金融機関の中から、どのような基準で選べばいいのかを解説です。
お金を増やす(金融商品)

楽天証券のiDeCoのファンドの選び方をわかりやすく解説

新型コロナウィルスの感染拡大の中、証券会社に口座を開設される方が増えております。特に、iDeCoやつみたてNISAに申込を希望する方が多いようです。一方で、ファンドの選択が難しく、中々前に進めない方も多いようですので、楽天証券でiDeCoのファンドの選び方について解説です。
お金を増やす(金融商品)

新型コロナにより益々注目されるESG投資を徹底解説

2020年は、世界が新型コロナウィルスと戦う年であり、投資の世界でも、今までのやり方を見直す時期でもあります。特に、ESG投資は、環境問題や人権問題、地域社会への貢献等、今後、企業が避ける事ができない課題に対し、真摯に取り組む事が求められ、そこに資金が集まる時代になりつつあります。 その、ESG投資に関しての徹底解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoの「元本確保型」で元本割れしているファンドの実態!

iDeCoは老後資金準備の為の、最強の金融商品です。しかし、多くの方が元本確保を信じ、結果的に元本割れをしているファンドを勧められ使われています。その実態について解説です。
自営業・フリーランス

60歳以降はフリーランスになる事で生まれる4大メリットを解説

人生100年時代を考える上で、一番の問題は老後資金の準備であり、いかに年金を多くもらうのかです。更に、その為に大事なポイントが60歳以降、どのような形態で働き、何歳まで働くかです。特に、会社員として働く事が当たり前と思っている方に、一度フリーランスとして働いた場合に生まれる4大メリットを解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoは終盤のファンド見直しと受け取り方が大事!

金融庁の推奨もあり、順調に加入者が増えているiDeCo。 しかし、ただ始めればいいものではありません。目先の所得控除や、運用益が非課税だけに目がいきがちですが、大事な事は出口戦略です。つまり、溜まった資金を、いつどのように換金し使っていくのか。4つのポイントについて徹底解説です。
税金

今さら聞けない103万円の壁とは?パート収入はいくらがいいのか?

毎年、年末が近くなると、年末調整や確定申告の話題が増えます。特にパート勤務の方は、自分の収入を一定金額まで抑える事に執念を燃やしてます。しかし、その前に税金のしくみを理解しなければ意味はありません。特に103万円の意味について徹底解説をさせていただきます。