お金を増やす(金融商品)

お金を増やす(金融商品)

シャープレシオのランキングから投資信託を購入する手段を解説!

2020年7月末現在の公募投信のファンド数は5,931本です。この中から優秀なファンドを選ぶ手段として「シャープレシオ」のランキングを活用しての購入方法について解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAのデメリットを知った上でも始めた方がいい方とは

金融商品に完璧な商品はありません。大事な事はメリットもデメリットも理解した上で、複数の商品で分散投資をする事です。特につみたてNISAはデメリットがあろうが、始めた方がいい方がたくさんおります。その詳細について解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)の手数料が安い金融機関を解説します

iDeCo(イデコ)は金融庁推奨の金融商品であり、老後資金準備の最強商品です。一方で、手数料も複雑で分かりづらいのが実態です。知らないままiDeCoを初めても、同じ運用成果でも、手数料の違いで大きな差になり事もあります。では、どこの金融機関が安くてお勧めなのか、解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)を始める時、おすすめの3つの金融機関はここだ!

老後資金準備のための最強の金融商品がiDeCoになります。しかし、多くの方が、どこの金融機関を選べばいいのかが分からいのです。iDeCoを販売できる全金融機関の中から、どのような基準で選べばいいのかを解説です。
お金を増やす(金融商品)

楽天証券のiDeCoのファンドの選び方をわかりやすく解説

新型コロナウィルスの感染拡大の中、証券会社に口座を開設される方が増えております。特に、iDeCoやつみたてNISAに申込を希望する方が多いようです。一方で、ファンドの選択が難しく、中々前に進めない方も多いようですので、楽天証券でiDeCoのファンドの選び方について解説です。
お金を増やす(金融商品)

新型コロナにより益々注目されるESG投資を徹底解説

2020年は、世界が新型コロナウィルスと戦う年であり、投資の世界でも、今までのやり方を見直す時期でもあります。特に、ESG投資は、環境問題や人権問題、地域社会への貢献等、今後、企業が避ける事ができない課題に対し、真摯に取り組む事が求められ、そこに資金が集まる時代になりつつあります。 その、ESG投資に関しての徹底解説です。
お金を増やす(金融商品)

コロナショックで元本割れリスクの高い「ノックイン投信」を解説

日経平均株価に連動する「ノックイン投信」。多くの方がその仕組みを理解しないままに購入をされ、トラブルになる事例も起きております。では、何がメリットでデメリットなのか、どの場合に損失を被るのか、解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

インフレに強い「物価連動債」のしくみをわかりやすく解説

物価連動債は、国債の一つではありますが、証券会社も銀行も積極的に販売をしてませんので、その実態がよく分からない金融商品です。インフレが続けば額面金額、つまり元金が増えるしくみですが、一方でリスクも存在します。そのしくみについて、わかりやすく解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoの「元本確保型」で元本割れしているファンドの実態!

iDeCoは老後資金準備の為の、最強の金融商品です。しかし、多くの方が元本確保を信じ、結果的に元本割れをしているファンドを勧められ使われています。その実態について解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoは終盤のファンド見直しと受け取り方が大事!

金融庁の推奨もあり、順調に加入者が増えているiDeCo。 しかし、ただ始めればいいものではありません。目先の所得控除や、運用益が非課税だけに目がいきがちですが、大事な事は出口戦略です。つまり、溜まった資金を、いつどのように換金し使っていくのか。4つのポイントについて徹底解説です。