お金を増やす

お金を増やす お金を増やす
投資

貯金?投資?老後を見据えたバランスのとり方とは

貯金 投資 、人生100年時代の安定した老後生活を送る為に、貯金だけでいいのか?投資はどの程度の割合で準備すればいいのか?そして、具体的な金融商品は?そんな疑問にお応えします。
国債

老後の資産形成におすすめのリスクの低い投資商品2つ

後を絶たない投資詐欺。金融商品には完璧な商品はありません。商品の特性を理解した上で、分散投資をする事が大事です。そして、その中でも、リスクの低い投資商品を2つご案内です。
積立投資(iDeCo、積立NISA)

積立NISAで税金はかかる?確定申告の時は何をすればいいの?

金融庁が推奨する金融商品が「積立NISA」です。長期・分散・積立という投資の基本を兼ね備えており、ファンドも金融庁の厳しい選定基準をクリアした商品です。では、実際に税金はかかるのか。確定申告は必要なのか?
銀行

休眠預金

長い期間、放置された通帳。その数約6000億円。国はこのお金を社会事業に有効活用できるように法律を作りました。それが、「休眠預金等活用法」です。さて、自分の通帳は大丈夫なのか?
投資

『投資は危険』は勘違い!安全な投資をするための智慧を学びましょう

日本の中には『投資は危険』というイメージが定着してます。 本当にそうでしょうか?投資で個人も企業も国も成長した米国を見習うべきです。 まずは、投資の基本、真実も学ぶべきです。
投資の基本

投信の成績表

金融庁の要請により実現した「投信の成績表」。初の全社開示。この情報をどのように活用すればいいのか、数字から読み取れる真実とは・・・。
株式投資

株主優待

株主優待制度は、日本独特の文化で、企業も株主も双方にメリットがあります。 更に2018年10月から、株式の購入単位が変わり、100株単位で購入する事が可能になりました。
投資の基本

時間分散

投資の基本は分散投資です。そして、何を分散するのか。その1つが「時間分散」です。 一度にまとめて運用する事で大きな利益を出せる場合もありますが、毎月コツコツと積上げていく「積立投資」は、今の時代の有力な運用手段です。
証券

米ドルMMF

日本国内のMMFは現在販売されていませんが、米国MMFは健在です。米国債を中心に、格付けの高い公社債で運用されていますので、限りなく元本保証に近く、尚且つ自由に出し入れもできる手軽な運用商品です。
命を守る

ドル建終身保険

国内の生命保険の予定利率が2017年4月より0.25%になりました。銀行定期や国債利率も低い中で、米ドルでの運用は当然の選択肢になります。但し、為替リスクを中心に最低限理解しておく事項があります。そのポイントをまとめました。