お金を増やす(金融商品)

お金を増やす(金融商品)

投資信託で失敗しないために知っておきたい4つのポイント

投資信託は優れた金融商品です。しかし、残念ながらやり方を間違った為に、思うような投資成果を出せない方も多いようです。その最大の問題がファンドの選択です。日本には約6000本のファンドがあります。では、どのような基準でファンドを選べばいいのか。ポイントを4つに絞って解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

投資信託で繰上償還されない目安はあるの?実例から検証します!

投資信託には、繰上償還というしくみがあります。このしくみにより、せっかく始めた投資信託の運用が、突然終了する事態になります。そして、ほぼ毎月繰上償還されるファンドがあります。繰上償還されればデメリットしか生じません。では、事前に繰上償還されないファンドを選ぶ事はできるのか、目安はあるのか、過去の実例から検証します。
お金を増やす(金融商品)

投資信託で繰上償還されるとどうなるのか?デメリットを解説します!

投資信託は、優れた金融商品です。併せて、2021年3月現在で、投資信託の純資産総額は5ヵ月連続で、過去最高を更新しております。一方で、毎月繰上償還されるファンドもあります。繰上償還されると様々なデメリットが生じます。
お金を増やす(金融商品)

あなたは大丈夫?投資信託の2つの選択方法を間違ってませんか?

投資信託をされる方が増え続けております。一方で、始めたはいいが、しくみを理解できていない方や元本割れしている事実を理解されていない方も多くおります。実は投資信託で大事な事は、スタート時点の2つの選択です。1つ目が金融機関の選択、2つ目がファンドの選択です。
お金を増やす(金融商品)

イオン銀行でiDeCoに加入する時はメリットもデメリットもあり!

イオン銀行のiDeCoは、銀行の中では一番手数料の安い銀行で評判も高いです。しかし、それだけではありません。投資初心者には有難い、365日、いつでも対面での相談も可能です。一方で、デメリットもあります。特に、自社のHPでは完結できず、みずほ銀行へのサイトに移動が必要です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoをやらない方がいい方、やめた方がいい方を具体例で解説

iDeCoは金融庁も推奨する、老後資金の為の最強の金融商品です。多くの方が利用すべきです。しかし、一方でやらない方がいい方、やめた方がいい方もおります。なぜか?明確な理由があります。具体的に5つの例を通して解説です。やれば、将来的に後悔する方。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoを銀行から加入されている方からの相談事例を詳しく解説

iDeCoに加入される方が増えております。一方で、金融機関の選択を安易に考え、付き合いの長い銀行から加入されている方が多いようです。そして、その多くの方の実態が、運用状況も手数料の存在も理解されていないようです。今回は、そんな相談事例を詳しく解説です。
お金を増やす(金融商品)

あなたは大丈夫?銀行からiDeCoに加入されている方の実態を解説

iDeCoは、老後資金準備の為の、最強の金融商品です。そして、多くの方が、銀行から加入されています。更に、多くの方が、元本保証を信じ、「元本確保型」のファンドを選択されてます。果たして、その選択が正しいのか?具体的に検証します。あなたのiDeCoは大丈夫?
お金を増やす(金融商品)

松井証券のiDeCoを初心者にお勧めする理由をわかりやすく解説!

松井証券は、インターネット取引専業の証券会社として、日本で初めて東証一部に上場した会社です。創業100年を超える松井証券が、投資初心者に優しい対応をして頂いております。特にiDeCoを始めたい方には、強い味方になります。その対応の内容をわかりやすく解説です。
お金を増やす(金融商品)

マネックス証券でiDeCoを始める方の2つのファンドの選択方法

最近、ネット証券で「iDeCo」を始める方が増えてきました。特にSBI証券や楽天証券の人気は高いです。一方でマネックス証券の評判も高いです。それは、手数料も安く、独自のサービスを提供しているからです。では、どのようにファンドを選べばいいのか。2つの方法を解説です。