iDeCo(イデコ)を始める時の3つのポイントを解説

お金を増やす(金融商品)

知らないと人生を10倍損する金のしくみ」Vol.63

 

iDeCo(イデコ)を始める時の3つのポイントを解説

 


iDeCo(イデコ)を始めたい。

だけど、一歩踏み込めない。

 

 

そんな方が多いようです。

特に銀行預金しか経験がない方には不安要素が多いようです。

 

では、どうすればスタートできるのか。

始める時の、大事な3つのポイントを解説です。

早く始める事

結論は、早く始めることです。

 

推奨は20代からスタート

仮に20歳スタート、30歳スタート、40歳スタートで60歳まで運用された場合の運用結果をご紹介です。

 

尚、毎月の投資金額は2万円、運用利回りは3%で想定します。

 

■20歳 払込金額合計960万円⇒1,838万円(1.9倍)

■30歳 払込金額合計720万円⇒1,160万円(1.6倍)

■40歳 払込金額合計480万円⇒ 655万円(1.3倍)

 

複利効果は期間が長い程威力を発揮する

運用期間が長い程、「複利効果」が威力を発揮するのです。

 

 

成功している方のファンドを真似する事

このブログでも何度も書かせて頂きました。

やはり、参考になるのは「GPIF」。

 

つまり、皆さんが、毎月払っている年金保険料を一括運用しているGPIFの『資産構成』。

 

これを真似する事が成功の早道です。

 

GPIF」の基本方針は①安全、かつ②効率なんです。

■国内株式割合 25%

■国内債券割合 35%

■外国株式割合 25%

■外国債券割合 15%

*ちなみに「GPIF」の直近15年間の運用利回りは3.2%です。

 

お金は寝かせること

昨日のブログでも書かせて頂きました。

■基本的に運用がスタートすれば、後は放り状態で大丈夫です。

 

■気になる方でも1年に1回程度の確認で大丈夫です。

 

■途中の価格の変動は気にしない事。

 

この辺が初心者には理解できないかもしれません。

 

以上の3点がポイントです。

 

実は、非常に簡単な事です。

 

 

が、中々理解ができない方、理解を深めたい方は、個別相談をご活用下さい。

 

メールで、1年間、回数が無制限の「年間FPサポート」が好評です。

個別相談に申込します

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント