非課税枠は使わないと損です

お金を増やす(金融商品)

知らないと人生を10倍損する金のしくみ」Vol.79

 

非課税枠は使わないと損です

 


誰しもが、「大事なお金を増やしたい」と思われていますね。

その中で非課税枠」は、とても大事な味方なんです。

本日は、そんなお話しです。

 

では、具体的に進めていきますね。

 

毎月1万円を複利の投資信託で30年間運用します。

利率は5%です。税金はざっくり20%。

■払込金額 1万円×30年=360万円

■受取総額(非課税)818万円

■受取総額(課税後)654万円

 

*非課税ですと、何と、164万多く受取れます!

 

 

では、164万円を貯めるのに、毎月1万円、5%の利率で何年かかるのか??

 

答えは11年です!

 

金融商品には、基本的に利益に対して20.315%税金が引かれます。

 

これが、大きいのです。

 

せっかく、長期間、こつこつと積上げてきた大事な「お金に自動的に税金が引かれる。

 

 

ところが、この運用益に税金が引かれない国が推奨している商品があります。

 

それが「iDeCo」であり、「つみたてNISA」です。

 

■「iDeCo」は60歳までの積立期間中、全期間、非課税

iDeCoについて詳しく知りたい方は↓

 

■「つみたてNISA」は最長20年間「非課税

つみたてNISAについて詳しく知りたい方は↓

 

 

私が、銀行にいた時代は「財形住宅」「財形年金マル優」等々の「非課税」制度や商品がありました。

 

しかし、そもそも銀行商品はゼロ金利です。

増えない商品で「非課税」の価値は薄いのです。

 

 

但し、残念ながら、「iDeCo」「つみたてNISA」も完璧な商品ではないのです。

様々なメリット、デメリットもあるのです。

 

 

金融商品」、「非課税」を正しく理解し、「安全」で効率」よく、「お金」を増やしたい方は、

是非「マネーセミナー」にお越し下さい。

 

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. […] 非課税枠は使わないと損です銀行預金にせよ、投資信託にせよ、金融商品で運用すると、利益に対して、約20%の税金がかかります。特に、長期で時間をかけて老後資金を貯めたつも […]

  2. […] 非課税枠は使わないと損です銀行預金にせよ、投資信託にせよ、金融商品で運用すると、利益に対して、約20%の税金がかかります。特に、長期で時間をかけて老後資金を貯めたつも […]

  3. […] 非課税枠は使わないと損です銀行預金にせよ、投資信託にせよ、金融商品で運用すると、利益に対して、約20%の税金がかかります。特に、長期で時間をかけて老後資金を貯めたつも […]