インデックス投資とは?わかりやすく解説します

お金を増やす(金融商品)

誰でも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.19

 

インデックス投資とは?わかりやすく解説します


インデックス投資」とは、日経平均やTOPIXのような株価指数と同じ値動きを目指す投資方法の事です。

ウオーレン・バフェットも推奨

誰それ??

はい、米国では有名な投資家です。

87歳ですが、今尚現役の投資家で世界から注目をされている方です。

この方の言葉です。

 

低コストのインデックス・ファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ

 

そもそも投資方法は2つ

インデックス投資

上記の説明の通り、例えば、日経平均が5%上昇したら、自分の資産も5%増えるようなイメージです。手数料が安いのも大きな特徴です。

 

アクテイブ投資

アクテイブ投資とは、日経平均やTOPIXのような株価指数を上回る成果を目指して、ファンドマネージャーが銘柄を個別に選定しながら運用しますので、その分コストはかかり、手数料は高くなります。

 

もう少し分かりやすく言うと

手数料が安い事に加えて

 

1.常に平均点を取り続ける手法

2.あまり深く考えなくてもいい手法

3.金融庁も推奨する手法

 

 

ノーベル経済学賞

ご参考ですが、

インデックス投資は、3人の研究者の理論に基づいており、経済学最高の栄誉であるノーベル経済学賞も受賞しています。

 

手数料がどれだけ違うのか

投資信託には大きく2つの手数料があります。

■購入時にかかる販売手数料

ネット証券では、最近無料化のファンドも増えてきましたが、銀行や証券会社から購入をするとほぼかかります。この手数料が金融機関の利益になります。

 

通常は「3%+税が上限」になっている事が多いです。

 

■運用中に自動的に引かれる信託報酬

さすがに、この部分の無料のファンドはありませんが、実は私がつみたてNISAで運用しているファンドの信託報酬は0.1296%。購入した時点では、業界で1番安いファンドでした。

 

ちなみにSBI証券で発売しているiDeCoの67のファンドの中で、1番高いファンドが2.0972%

 

アクテイブ投資ですと、やはり2%台のファンドが多いです。

しかし、高いから駄目ではなく、運用利率とのバランスに注目する事が大事になります。

 

結局、何を買えばいいのか

はい、よくセミナー参加者からも聞かれます。

「私はどうしたらいいのか?」

「何を買えばいいのか??」

 

投資初心者にはいつも、キーワードをお伝えしています。

 

■分散投資(世界中)

■早く始める事

■長く続ける事

 

そして、具体的な行動は「個別相談」で・・・。

 

まずは、セミナーに足を運んでみて下さい。

必ず、大きなヒントが見つかります。

 

100歳人生を笑顔で過ごす為のヒントが盛りだくさん!

具体的に投資を始めたいが不安な方は、個別相談をご活用下さい。

個別相談に申込します

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. […] インデックス投資インデックス投資は金融庁も推奨する手頃で手数料も安い投資方法です。しかし、一方で大事なポイントはやはりファンドの選択です。手数料だけでは判断できません […]