公的年金

老後の生活(年金・離婚・障害)

老後資金の準備は3階建×2世帯の時代です

「老後2000万円問題」以降、多くの方が、老後資金の準備について真剣に考えるようになりました。一方で、何をしたらいいのか、何を相談すればいいのか、中々前に進めない方が多いのが現実です。今回は、老後資金準備の基本的な考え方について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

自己破産すると公的年金・個人年金・企業年金はもらえなくなりますか?

自己破産をすると、公的年金や個人年金がもらえないと思われている方がおります。正確には受取る年金が公的年金か私的年金かで、法律による保護が変わります。例え、法律により年金が守られても、自己破産をすると、様々な制約がつきます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

国民年金・厚生年金を増額するためにできる4つのこと

「年金増額」、人生100年時代の準備にあたり最大の関心は、やはり年金を増やす事です。では、具体的にどうすれば年金を増やす事ができるのか、4つのできる事。誰にでもできます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

年金制度は大事な制度なんですが、複雑で理解する事が困難です。そこで、中学生でも簡単に分かる年金の仕組みを解説させて頂きます。
世代別ライフイベント

30代の貯金平均額は529万円!独身・既婚別に紹介

30代は人生の中でも、結婚、出産、住宅購入と大きなライフイベントが続きます。そして、当然大きなお金も動きます。ではそんな状況で30代の貯蓄額はいくらなのか。これから将来、どんなライフイベントが待っているのか。更に解決方法はあるのか?
老後の生活(年金・離婚・障害)

カラ期間

カラ期間は、年金を受給できるかできないのかを判断する上で、重要な期間になります。特に昭和61年3月以前に専業主婦だった方は、改めて確認するか、専門家にご相談されないと、受給できるはずの年金が受給できない可能性があります。
老後の生活(年金・離婚・障害)

加給年金

以外と知られていないのが、加給年金です。年下の奥様がおられる方には、非常に有利な制度であり、年金定期便では分からない情報です。奥様が年下であればある程手当がたくさんもらえる加給年金とは・・・。
老後の生活(年金・離婚・障害)

在職老齢年金

働きながら厚生年金を受給する場合に、ある一定金額を超えると、年金の支給が停止されます。果たして、こんな制度を許していいのか?今の高齢者の生活は赤字なのです。まずは、年金のしくみを正しく理解した上で、早い段階から100歳人生の準備が必要なのです。
老後の生活(年金・離婚・障害)

年金制度が破綻する確率が0.1%以下である根拠

今の若い世代に多い年金への不信感、未納問題。果たして将来年金制度は破綻するのかどうか、あらゆる角度から研究した結果、0.1%以下です。その根拠とは。