経済(金利・為替・株価)

経済(金利・為替・株価)

市場が急変時の時期の投資の考え方

米国の政策金利引下げ、更に米中の貿易戦争は解決の出口が全く読めない状況の中、投資初心者の方から「今の時期は投資は控えた方がいいのでしょうか・・・」との相談も頂いております。 残念ながら、それは賢い選択とは言えません。その根拠について解説をさせて頂きます。
経済(金利・為替・株価)

米金利 長短逆転 さあどうすべきか!

米金利が11年ぶりに長短逆転しました。では、今後どのような影響が出るのか。今、何をしなければいけないのか。真剣に考える時期なんです。
経済(金利・為替・株価)

世界同時株安

10月に入り、突然起きました。世界同時株安。原因は米金利の急上昇が引き金のようです。 世界の連鎖はすぐに歯止めがかかりましたが、やはり株式は何が起こるのか分かりません。 ですので、分散投資で手堅く運用を進めたいものです。
経済(金利・為替・株価)

異次元金融緩和

バブル崩壊⇒失われた20年⇒異次元金融緩和 これが、日本経済の30年の実態です。では何が異次元なのか。そして、何故必要なのか。 今後、日本経済がどうなるのか。国民1人1人が真剣に考える時期です。
経済(金利・為替・株価)

指し値オペ

指し値オペとは、日銀が長期金利上昇を抑えるために行う、オペレーションの一つです。 その指し値オペが7月だけで3回実施されました。その意義と国民への影響を考えました。
経済(金利・為替・株価)

長期金利

長期金利に上昇の動きが出てきました。長期金利が上がり、直接影響を受けるのは誰なのか。 そして、長期金利の実態はどうなっているのか。実は奥が深いのです。
経済(金利・為替・株価)

東証株価指数

日経平均株価と比較されやすいのが東証株価指数です。しかし、両者は比較するものではなく、双方の特徴を理解した上で、投資の判断となる独自指標になります。
経済(金利・為替・株価)

東証マザーズ

メルカリの上場で注目された東証マザーズ。東証一部や二部とは違い、将来性が期待できる企業が上場できます。
経済(金利・為替・株価)

デフレ

デフレとは、継続的に物の値段が下がり続ける経済状態の事ではありますが、実はチャンスの時なんです。特に大きな買い物がしやすい、投資の口数を増やしやすい。そして、大事な事は人生100年時代を迎えるまでの老後資金の準備です。
経済(金利・為替・株価)

日経平均株価

日経平均株価とは日本を代表する225銘柄の平均株価であり、日本を代表する経済指標でもあります。しかし、この指標だけで株式市場の判断をするのではなく、時価総額や騰落レシオ等を時系列で見ながら、更に経済全体の流れを適格に判断する事が大事です。