年金定期便

公的年金

[2021年限定版]今年、特別支給の老齢厚生年金を請求できる方

特別支給の老齢厚生年金に関するご質問、ご相談を多く頂きます。複雑過ぎて理解できないのが実態です。そして、請求できるのに何らかの理由で請求しない方もおります。大事な事は、請求のご案内がきたら、まず請求をする事です。では、具体的に、2021年、誰が請求できるのか。具体的に解説です。
公的年金

「ねんきんネット」で自分がもらえる年金額を試算できる!

「ねんきんネット」は、自分のインターネットを使い、自分の年金情報を確認し、自分が将来もらえる年金額も試算できます。そして、将来の実態に合わせて様々なシミュレーションもできます。ですので使わないと損です。多くの方に使い方を解説します。
公的年金

年金がいくらもらえるのか?受給額の計算は自分でできる!

人生100年時代。公的年金は老後生活を支える土台です。しかし、多くの方が年金のしくみや自分の年金がいくらもらえるのかを理解されてません。実は、年金の計算は誰でもできるのです。その計算方法について解説です。
公的年金

ねんきん定期便の受取見込額から40万円以上増やせる!しかも50代!

50代の方は、「ねんきん定期便」で、65歳から受取る年金額が分かります。しかし、その情報が全てではないのです。そこから、確実に年金を増やす方法があるのです。その方法を早い時期に知る事で、準備もできるのです。その確実に増やす方法を解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金と支給停止のしくみを勘違いしてませんか?

複雑な年金制度を理解できない方が多いのが現実。 特に、2つの老齢厚生年金。1つは特別支給の老齢厚生年金。もうひとつは本来の老齢厚生年金です。実は、しくみが全く違うのです。特に誤解の多い「特別支給の老齢厚生年金」について、よくある誤解を解説です。
お金の勉強・基本

老後資金2000万円を貯める為の3つのキーワード数字

老後2000万問題を発端に、多くの方が、老後資金の準備をしなければならない、と考え始めました。しかし、何をどうすればいいのか分からなく、中々行動できない方が多いのが現実です。 そもそも、2000万円という金額が正しいか否かは別として、2000万円を貯める為の3つのキーワードを解説させて頂きます。
老後の生活

老後資金の準備は3階建×2世帯の時代です

「老後2000万円問題」以降、多くの方が、老後資金の準備について真剣に考えるようになりました。一方で、何をしたらいいのか、何を相談すればいいのか、中々前に進めない方が多いのが現実です。今回は、老後資金準備の基本的な考え方について解説をさせて頂きます。
老後の生活

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。
老後の生活

老後に3000万円必要!とニュースで言われる根拠はあるの?

最近、テレビや雑誌の記事で『老後資金は3000万円必要』との情報を耳にする事が増えてきました。果たして、それは本当なのか?根拠はあるのか?老後資金準備の基本的な考え方についての解説です。
老後の生活

老後破産は単なる煽り?3000万円ないと本当に老後破産するのか

老後破産について、最近は様々な論調が出てきました。「老後破産は単なる煽り」「早々簡単に老後破産はしない」「3000万円ないと老後破産する・・・」等々。果たして現実はどうなのか。そもそも、自分の老後に必要な金額を知る方法について、解説です。