老後資金

お金を増やす(金融商品)

米国ゼロクーポン債の購入時のポイントとは

最近、注目を集めてます米国ゼロクーポン債。では、実際に購入する際に、何がポイントなのか。どのデータに注目すればいいのか。実は簡単であり、誰でも気軽に購入代金まで計算ができるのです。そのしくみについての解説です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後資金を外貨預金で作ることは可能?

最近、広告で目にするのが「外貨預金キャンペーン」の金利です。見た目の金利は高く、ついつい興味を引かれますが、よくよく見ると大きな落とし穴があります。併せて、将来の老後資金の準備として活用できる手段なのかを解説します。
お金を増やす(金融商品)

米国債を購入するならいつがベストタイミング?為替と金利は重視すべき?

米国債に興味はあるが、為替や金利が気になり、いつ買えばいいのか良く分からない方が多いようです。米国債を購入するベストタイミングはあるのか。解説です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後に3000万円必要!とニュースで言われる根拠はあるの?

最近、テレビや雑誌の記事で『老後資金は3000万円必要』との情報を耳にする事が増えてきました。果たして、それは本当なのか?根拠はあるのか?老後資金準備の基本的な考え方についての解説です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

今日から始めるシングルマザー/母子家庭の老後準備

シングルマザーの多くの方は、仕事をされながら、子供の教育費を準備しております。そして、自分の老後資金の準備が中々できず、不安な生活を送られています。そんな、シングルマザーの方に、どうやって老後資金を準備すればいいのか、今日からできる老後の準備です。
お金を増やす(金融商品)

30代のフリーランス必見! iDeCo ファンドの選び方

金融庁の推奨もあり、若い世代を中心に注目されている金融商品の代表が「iDeCo」です。しかし、非常に優れた金融商品ではありますが、多くの方が、口座開設から先に進む事ができません。その壁が「ファンドの選択」です。どういう基準でどのファンドを選べばいいのかが分からないのです。では、そのポイントは何か・・・。
税金

つみたてNISAで税金はかかる?確定申告の時は何をすればいいの?

金融庁が推奨する金融商品が「積立NISA」です。長期・分散・積立という投資の基本を兼ね備えており、ファンドも金融庁の厳しい選定基準をクリアした商品です。では、実際に税金はかかるのか。確定申告は必要なのか?
お金の勉強・基本

預貯金が抱えるリスクって?銀行に預けるだけでは資産は守れません!

日本人の約52%の運用先が銀行です。銀行は安全で信用できるイメージが強いようです。 しかし、時代は大きく変わりました。銀行では増えません。更に、銀行で預金をするリスクもあるのです。自分の大事な資産を守るためにどうすればいいのか。
お金を増やす(金融商品)

米国ドル建養老保険

米ドル養老保険は、教育資金や老後資金の準備として活用されています。そして、最大のリスクはやはり為替変動リスクです。過去の為替動向を確認しながら、様々なシュミレーションをされた上で、検討する事が大事です。