複利

税金

米国債(利付債/ゼロクーポン債)の売却・償還・満期にかかる税金

米国債を始めたいが、途中で売却した場合や償還の時にどれくらい税金がかかるのか分からず、中々行動できない方。そして、銀行預金に慣れすぎて、米ドルというだけで抵抗感のある方向けの、米国債に関する税金の解説です。
お金を増やす(金融商品)

米国債購入・売却・保管の手数料はどれくらい?注意すべきことは?

米国債に興味はあるが、しくみがよく分からない。金融機関も積極的に販売していないのが現状です。米国債は、投資商品でありながら購入時手数料はなし、運用中の手数料もなし、保管中の手数料もありません。その魅力とリスクについての解説です。
お金を増やす(金融商品)

50代の初心者でも分かる つみたてNISA ファンドの選び方

金融庁も推奨する「積立NISA」。しかし、いざ行動しようと、ネット証券で口座開設までできても、そこから先が進めない方が多いのです。いわゆる「ファンドの選択」です。では、どうやってファンドを選べばいいのかを解説させて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

米ドルMMF

日本国内のMMFは現在販売されていませんが、米国MMFは健在です。米国債を中心に、格付けの高い公社債で運用されていますので、限りなく元本保証に近く、尚且つ自由に出し入れもできる手軽な運用商品です。
お金を増やす(金融商品)

銀行定期預金の複利

銀行の定期預金で「複利」ができる事が、実はあまり知られておりませんが、実は簡単にできるのです。 金利が5%の頃は威力を発揮しましたが、それも昔の話しになります。
お金を増やす(金融商品)

複利

複利は「人類最大の発明」と言われています。なぜか、それは、単純にお金を増やすだけの手段ではないのです。あらゆる仕事にも共通する効率的な成功手段なのです。
自営業・フリーランス

フリーランスの老後に必要な自己資金は4000万円!工面する方法は?

最近、フリーランスの方が増えてきました。では、フリーランスの老後に必要な自己資金はいくらなのか?ずばり4,000万円です!その根拠について・・・。
お金を増やす(金融商品)

社債

社債は通常、国債よりは利率が高めですが、企業の倒産により、資産を全て失うリスクもあります。一方で、投資信託で購入する事でリスク分散を図る事は可能です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoって何ですか?

金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外と知られていないiDeCoについて・・・。
お金を増やす(金融商品)

児童手当が貯まった場合の運用手段とは

児童手当は、貴重な教育資金の財源になります。ですので、安全で効率よく運用する事が大事です。では、その有力な金融商品とは・・・。