住宅ローンの審査は実は甘い??

お金を借りる

「知らないと人生を10倍損するお金のしくみ」Vol.2

 

本日は住宅ローンの話題から


<先日の、40代の男性との対話から

お客様「高橋さん、そういえば、昔銀行にいたんでしょ」

「はい、そうですよ」

 

お客様「住宅ローンの審査って、厳しいんでしょ」

「いいえ、そんな事ないですよ」

「審査は簡単です」

 

お客様「えっ!そうなの!」

「はい、私のようなFPが審査をすれば、ほとんどの方は条件付の承認になりますが、銀行員が審査をすれば、ほとんど審査は通りますよ」

お客様「えー、どういう事!」

 

「FPは35年間のライフイベントを総合的に見ますので、借りる時は良くても、お子様の教育資金がピークになる大学進学時は、赤字家計破綻する家庭が約8割です。

ですので、住宅ローンを組まれる前から家計改善をしないと、35年間の安定した返済は難しいんですよ。

具体的には、固定費の見直しをするか、奥様が専業主婦であれば、一定期間はパートで働いて頂くか必要なんです。

 

一方、銀行員は借りる時点の返済能力しか見ない(要は審査基準に合致するか否かしかみないのです)ので、ほとんど方は審査通ります。

 

銀行員は忙しいので、お客様の35年先まで見る余裕なんてないんですよ。

私の銀行時代、10年間で審査通らなかったのは1~2件程度でした」

 

お客様「なるほど・・・・、で審査基準はどんな感じなんですか??」

 

はい、という事でこの続きは明日という事で、お楽しみ下さい。

コメント