米国ゼロクーポン債を途中解約する場合の注意点

お金を増やす(金融商品)

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ』Vol.254

米国ゼロクーポン債を途中解約する場合の注意点

最近、米国ゼロクーポン債に関する相談が増えてきました。

やはり、『老後2000万円問題』の影響があるのでしょうか。

お金の事に興味を示し、勉強をする事は、非常に大切です。

これからも、そんな真剣な皆様の応援をさせて頂きます。

 

本日は、米国ゼロクーポン債を途中解約をした場合の注意点です。

多くの方は、償還期限まで10年~30年の銘柄を購入されます。

 

償還期限まで保有すれば、限りなくリスクが少ないのがゼロクーポン債の魅力。

一方で、人生色々、どうしても、償還を迎える前に解約をするケースもあります。

その時の注意点について解説させて頂きます。

 

そもそも米国ゼロクーポン債のしくみとは

2019年7月12日を購入日として、具体的事例をご紹介です。

■銘柄:20452月15日満期(残存25年6カ月)

■購入単価:54.27(額面金額の約54%で購入できる

■購入為替:109.07円

■購入額面:10,000$

■購入代金:591,923円

■複利利回り:2.404%

 

つまり、日本円で591,923円を払込しました。

2045年2月15日までは、ほったらかしです。

 

 

2045年2月15日の償還時点で。

為替が109.07円なら→1,090,700円最終利回りは3.29%

 

*実際は、税金が20.315%引かれますので989,374円が戻ります。

 

つまり、税引き後で増えた金額は40万円弱。

 

[計算式]

1,090,700円ー591,923円=498,777円(税引前の増えた金額)

498,777円×20.315%(税率)=101,326円(税金)

1,090,700円ー101,326円=989,374円(税引後の受取金額)

 

これより円高になれば受取金額は少なくなります。

逆に円安になれば、受取金額は多くなります。

 

ちなみに、償還時の損益分岐点為替は59.19円

 

更に、詳しく知りたい方は、下記のYouTubeをご覧下さい。

米国債(ゼロクーポン債)に投資をする

仮に、591,923円を銀行定期預金(0.01%)で26年間運用した場合。

26年後→593,500円(税引前)

 

物価上昇率を1%とするなら、26年後の資産価値は大きく減るのが銀行定期預金です。

 

それでも、まだ銀行定期預金をされますか。

 

償還期限まで保有しても生ずる2つのリスクを確認

まずは、償還期限まで保有した場合でも生ずる2つのリスクの確認です。

 

1.米国の国家破綻

米国ゼロクーポン債の発行は『アメリカ合衆国』です。

 

つまり、米国が破綻すれば、流石に債券は紙切れになる可能性もあります。

 

では、確率は?

それは、誰にも分かりませんが、私的には0.001%以下です。

 

敢えて説明をする必要もありませんが、米国は世界経済の中心です。

 

そして、米ドルは、世界の基軸通貨でもあります。

 

今、米中の貿易戦争で敵対しているのが中国。

しかし、米国債を保有している一番多い国が、なんと中国です。

 

しかも、トランプ米政権との間で貿易戦争が続く中でも、中国は米国債の購入を増やしていました。

 

つまり、それだけ、世界で一番信頼されている債券が米国債なのです。

 

2.為替のリスク

そして、もうひとつのリスクが為替です。

これは、償還時点で、円高ドル安になった場合です。

 

通常、米国ゼロクーポン債を購入する際は、証券会社から説明があります。

償還時点での為替の損益分岐点です。

 

例えば、3つの銘柄で紹介をさせて頂きます。

2019年7月12日を購入日とした場合の損益分岐点です。

■2045年2月15日満期:59.19円

■2040年5月15日満期:68.44円

■2029年8月15日満期:92.81円

 

ここで、注目ポイントは、期間が長い程、損益分岐点は安心できる相場だという事です。

 

残存期間が約26年と約10年の銘柄で損益分岐点が約33円も違うのです。

 

では、最近の為替相場はどうなのか?

実は、安定しております。

 

平成の始まった頃は、ドル・円の為替変動幅が年間で24円ありました。

 

そして、2011年10月に、一時75円78銭まで上昇しました。

 

実は、それ以降は徐々に変動幅が縮小。

2018年は105円~114円(変動幅9円)

2019年は107円~112円(変動幅5円)

 

つまり、米国ゼロクーポン債の満期償還時点で為替が92円になる可能性はかなり低いです。

 

但し、様々な政治要因や地政学リスク等で将来は約束できませんし、誰も予測はできません。

 

あくまで、自己責任になるのです。

 

途中解約をした場合のリスクとは

途中解約をした場合でも、満期まで保有した場合の2つのリスクは当然あります。

 

つまり、途中解約をした場合は、更にリスクが1つ増えます

 

一言すれば、途中解約をした時点の米国の市場金利上昇時です。

どういう事か?

 

実は、債券は市場金利が上昇すれば、債券価格が下がるのです

具体的に説明させて頂きます。

 

米国ゼロクーポン債の金利が

・購 入 時(2019年):2.5%(銘柄Aとします)

・途中解約時(2025年):3.0%(市場金利)

 

この場合は2025年時点での金利が、購入時点に比べ上昇してます。

そうすると、銘柄Aの債券価格が下がるのです。

 

更に分かりやすく説明すると、債券価格が常時100であれば問題ないのです。

 

この100が98とか97になるのです。(額面割れ)

 

つまり、債券を売却した時に本来受け取れる100を下回るのです。(元本割れ)

 

満期まで保有すれば、確実に100が受け取れた。

しかし、途中解約をした事で、解約時点の市場価格、つまり時価での売却となるのです。

 

ですので、途中解約をする場合でも、事前に市場金利を確認する事が大事です。

 

そして、場合によっては、解約時期を延期する。

そもそも、一番いいのは、購入する銘柄を厳選し、満期まで保有する

これが、最もリスクの少ない、投資手段になります。

 

米国ゼロクーポン債の事で、ご相談をされたい方は、個別相談をご活用下さい。

 

個別相談に申込します

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント

  1. […] 米国ゼロクーポン債を途中解約する場合の注意点リスクの小さい投資商品として注目されているのが、米国ゼロクーポン債です。 満期まで保有すれば、ドル建での元本保証もあり魅力あ […]