米国ゼロクーポン債とは

お金を増やす(金融商品)

知らないと人生を10倍損するお金のしくみ

<誰でも分かる金融用語・金融商品辞典>Vol.15

 

米国ゼロクーポン債とは

 


米国債」とは米国が発行する「債券」であり、俗に言う「国債」です。

 

ゼロクーポン債」とは利息が付かない債券です。

 

その分、購入時に額面金額よりも安い価格で購入できます。

 

なぜ、米国ゼロクーポン債なのか

安全性の観点から

国債なので、究極は国の信用力になります。

日本と米国とどちらが信用が高いのか。

3つの角度から分析をします。

 

(1)国債格付け

●ムーデイーズ

米国:Aaa(最上位)

日本:A1(中級の上位)

 

●S&P

米国:AA+

日本:A+

*つまり国の信用支払い能力米国が優勢

 

(2)債務残高対GDP比

●米国:108.4%

●日本:253.0%

*日本は財政状況が悪い

 

(3)世界の外貨準備(基軸通貨)

●米国ドル:世界の62.7%

●日本円 :世界の  4.9%

世界の基軸通貨はドルです。

 

つまり(1)~(3)を総括しても、米国の方が元本保証が確実な国債だという事です。

 

効率性の観点から

今回は、米国債でも30年国債に絞って検討します。

米国債は積立でも一括でも購入はできます。

 

*証券会社により取扱が違います

 

基本的に購入時点で利回りが確定

且つ、日本国債と違い複利運用

 

ここが、株や投資信託、FXとの大きな違いです。

 

ですので、購入時点で30年後の受取金額が確定します。

 

ちなみに、2018年5月9日の米国債30年の利率は3.16%です。

*日々変動します。

 

手間ひまの観点から

株や投資信託であれば、相場やファンドの入替等を頭に入れながら投資をしなければいけません。

 

米国債は30年間、放置状態で大丈夫です。

 

手数料の観点から

株や投資信託、更に生命保険会社で販売している変額保険や変額終身保険、ドル一時払終身保険等にには、販売手数料や維持費(信託報酬)等がかかります。

 

米国債は、額面の金額を払い込むだけで、手数料は発生しません

 

米国ゼロクーポン債の2大デメリット

短期運用には向かない

今回は30年という長期の運用商品になります。

 

せっかく購入しても1~2年で解約をされると、払込元本が割れる可能性もあります。

 

ですので、30歳~50歳で安定収入のある方にはお勧めしますが、目先の教育資金、住宅資金では使えません。

 

*10年国債もあります。

為替リスクもあります

30年後もドルで保有される方、満期後もしばらくはドルで保有される方は問題ありません。

 

しかし、満期後ただちに円に交換する場合、極端な円高であれば、払込元本が割れる可能性もあります。

 

但し、30年の米国債の場合の為替分岐点は1ドル50円台です。

 

そうなれば、しばらくはドルで保有する選択はあります。

 

ちなみに、過去の最円高値は2011年10月21日の1ドル75円78銭です。

 

米国ゼロクーポン債はどこで購入できるのか

実は、全ての証券会社で販売をしているわけではありません。

 

野村證券、SMBC日興証券。

他にないのか・・・。

探しに探したが実は近くにあった!

 

何と、札幌に本社のあるFPL証券

 

このFPL証券は2016年に57年ぶりに誕生した北海道に本社のある証券会社です。

 

早速、FPL証券を突撃訪問させて頂きました。

 

中川会長さん、工藤社長さんとも快くご対応頂き、親切丁寧に「米国債ゼロクーポン債」について教えて頂きました。

 

なぜ、販売している証券会社が少ないのか?

私の独り言と思って下さい。

 

手数料を稼げないからです

 

日本の証券会社は、長らく「回転販売」を繰り返し、その都度の販売手数料が大きな収益源でした。

しかし、この米国債は30年長期ですので、そもそも回転はない。

 

販売手数料すら発生しない商品なのです。

 

ですので、あまり宣伝もしないのではないでしょうか。

 

米国ゼロクーポン債はこんな方にお勧め

やはり、この商品は究極の老後資金です。

 

ですので、30年という期間を考えれば、30~45歳位までで、特に年金未加入の方国民年金だけの方は私の推奨商品とさせて頂きます。

 

更に、どうしても投資に一歩踏み込めない方にも安全性の観点からもお勧めです。

 

まだ、ありますよ。こんな方。

①ファンドの選択ができない

iDeCoに一歩踏み込めない方

 

健康上の理由で変額保険に加入できない方

米国債は告知も健康診断も不要です。

 

③まとまった資金があり

しばらく使う予定もないが、どこで運用すればいいのか分からない方

 

米国債はいかがでしたか?

更に、詳しく知りたい方は、YouTubeでも、分かりやすい特集があります。

米国債(ゼロクーポン債)に投資をする

まだ、よく分からないが興味がある方、

米国ゼロクーポン債に関するお問い合わせは、下記をクイックください。

米国ゼロクーポン債相談コーナー

全国対応をさせて頂いております。

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

コメント

  1. […] 米国債(ゼロクーポン債)皆さん、おはようございます。 「誰でも分かる… […]

  2. […] 米国債(ゼロクーポン債)皆さん、おはようございます。 「誰でも分かる… […]

  3. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  4. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  5. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  6. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  7. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  8. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  9. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  10. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  11. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  12. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  13. […] 米国債(ゼロクーポン債)低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資 […]

  14. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  15. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  16. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  17. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  18. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  19. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  20. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  21. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  22. […] 米国ゼロクーポン債低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生100年時代の究極の老後資金対策 […]

  23. […] 金融機関が教えてくれない米国ゼロクーポン債とは低金利の中で、安全性、効率性も高い商品なのに、なぜか証券会社は販売を控えているのが米国債(ゼロクーポン債)です。人生10 […]

  24. […] […]

  25. […] […]

  26. […] […]

  27. […] […]

  28. […] […]

  29. […] […]

  30. […] […]

  31. […] 金融庁が推奨するつみたてNISAとは?わかりやすく解説 お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債とは お金を増やす(金融商品) […]

  32. […] iDeCoのデメリットをカバーできる金融商品とは? お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債とは お金を増やす(金融商品) 0歳からできる資産運用を解説 […]

  33. […] つみたてNISAの銘柄変更時の注意点と損をしないための考え方 お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債とは お金を増やす(金融商品) […]

  34. […] 元たくぎんマンが伝える「お金の極意」 お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債とは お金を増やす(金融商品) […]

  35. […] 家族信託 家族信託とは?真田丸に学ぶ認知症対策 お金を増やす(金融商品) 米国ゼロクーポン債とは お金を増やす(金融商品) […]