老後の生活(年金・離婚・障害)

老後の生活(年金・離婚・障害)

誰にも聞けない特別支給の老齢厚生年金のしくみとよくある誤解を解説

複雑な年金制度を理解できない方が多いのが現実。 特に、2つの老齢厚生年金。1つは特別支給の老齢厚生年金。もうひとつは本来の老齢厚生年金です。実は、しくみが全く違うのです。特に誤解の多い「特別支給の老齢厚生年金」について、よくある誤解を解説です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

働きながら年金をもらうと損なのか?在職老齢年金の勘違いを解説

2019年は老後2000万円問題から始まり、これからの年金制度について、国内で大きな議論となりました。特に、働きながら年金をもらう「在職老齢年金」については、賛否が分かれ、政治の世界を超え、国民の間でも注目をされました。一方で勘違いが多いのも現実です。そのよくある勘違いについての解説です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後2000万円問題で起こっている、公的年金の3つの勘違いとは

2019年は、「老後2000万円問題」を発端に、国民が真剣に老後資金について考える年になりました。一方で、老後資金作りの柱である「公的年金」は制度が複雑な為、正しく理解されている方は少なく、国会議員でも勘違いをされている方が多いのが現実です。本日は、公的年金で大事な3つの基本について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後資金の準備は3階建×2世帯の時代です

「老後2000万円問題」以降、多くの方が、老後資金の準備について真剣に考えるようになりました。一方で、何をしたらいいのか、何を相談すればいいのか、中々前に進めない方が多いのが現実です。今回は、老後資金準備の基本的な考え方について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

「老後2000万円」問題は、冷静に正しく理解しないと、自分が後悔します

2019年5月22日の金融庁の報告書。大事な提言のはずが、僅かな説明不足、配慮不足もあり、併せて政治利用にまで発展し、SNSのみならず、連日マスコミ報道の中心となり、大きく問題化されました。しかし、ここで大事な事は、今後の老後生活を迎える中で、我々はなるべく早い段階から、資産形成の準備が必要だという事です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。
老後の生活(年金・離婚・障害)

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後資金の準備はこれでばっちり!必ず押さえておきたい4つの方法

老後資金の準備が必要ということはわかっているが、何からやればいいのか、どうすればいいのか、方法が分からない方がたくさんおります。では、具体的に今何をすればいいのか、具体的な方法を4つ紹介です。しかし、金融商品に完璧な商品は存在しませんので、最終的にはプロによるアドバイスが必要なのです。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後資金を外貨預金で作ることは可能?

最近、広告で目にするのが「外貨預金キャンペーン」の金利です。見た目の金利は高く、ついつい興味を引かれますが、よくよく見ると大きな落とし穴があります。併せて、将来の老後資金の準備として活用できる手段なのかを解説します。
老後の生活(年金・離婚・障害)

老後に3000万円必要!とニュースで言われる根拠はあるの?

最近、テレビや雑誌の記事で『老後資金は3000万円必要』との情報を耳にする事が増えてきました。果たして、それは本当なのか?根拠はあるのか?老後資金準備の基本的な考え方についての解説です。