老後の生活・準備

老後の生活・準備

老後破産する人の共通点は2つ

老後破産をする方のタイプ、共通点はないか?実はあるのです。それは、今収入が高い、低いとかの次元ではありません。究極は心の問題です。 では、どのような心の方が、老後破産になる可能性が高いのか、解説をさせて頂きます。
老後の生活・準備

晩婚/高齢出産家庭は老後破産のリスクに注意!しっかり老後資金を準備する方法

いまや3人に1人が高齢出産の時代になりました。そして、晩婚・高齢出産に潜む最大のリスクは老後破産です。なぜか?その原因を早い段階で理解し、行動する事で、老後破産は回避をする事ができます。
生活保護

老後・年金受給中に生活保護を受けるための条件

最近、高齢者の方の生活保護受給者が増えております。年金だけでは足りない。或いは、年金すらもらえない方が、最低限の生活保障確保の為に、生活保護を申請されております。では、年金受給者誰しもが生活保護を申請できるのか?そんな簡単な制度ではありません。では、その条件とは。
公的年金

失業した時の年金免除Q&A! 制度と手続きを知ろう

失業した時に、年金保険料を払う事が困難になる場合があります。そんな時に利用できるのが、保険料免除制度です。使わないと損する制度ですのでポイントを理解しましょう。
老後の生活・準備

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

年金制度は大事な制度なんですが、複雑で理解する事が困難です。そこで、中学生でも簡単に分かる年金の仕組みを解説させて頂きます。
老後の生活・準備

学生時代の年金未納で将来の年金額はどれくらい減額される?

学生納付特例制度は、多くの学生が利用されている一方で、特例申請をしないで保険料未納の方も多く、更に30代前半までの年齢層で、保険料未納の方が多いのが現実です。 では、このまま未納が続くと、どのような影響が出るのか、知らないと、大変な事態になります。
老後の生活・準備

国民年金第3号被保険者

国民年金第3号被保険者は、不公平感がある、との事で様々議論がされています。一方で大事なのは届出です。特に第3号から第1号に変更になる場合は、しっかり届出をしておかないと、将来的に無年金や低年金になる可能性がありますのでご注意です。
老後の生活・準備

国民年金第2号被保険者

国民年金第2号被保険者とは会社員や公務員が加入している厚生年金保険の被保険者の事です。第1号被保険者とは違い、将来の年金額を確実に増やす手段があります。知らないと損ですよ。
老後の生活・準備

国民年金第1号被保険者

国民年金にはお仕事の形態等により3つの種別があります。その中で第1号被保険者とは主に自営業者や農業者、学生等が対象になります。第1号特有の有利な制度もありますので上手に活用する事で老後の生活にも大きく影響します。
老後の生活・準備

年金裁定請求書

年金は自分で請求しないともらえません。そして、その書類が「年金裁定請求書」です。では、何歳から請求をするのがベストなのか。年金の請求は時期を遅らせる事で年金額を増やす事ができます。これを「繰下げ請求」と言います。日本年金機構から届いた書類をそのまま提出するのではなく、いつ請求する事が自分にとってベストなのか。大事です。