投資の成績

お金の勉強・基本

老後のために退職金で資産運用するときに考えておきたい3つのこと

50代前半になり、そろそろ退職金のことも考えるようになった中小企業の会社員。 いざ、退職金をもらったら、それを元手に少しでも老後資金を増やしたいと考えているが、今までは預貯金ばかりで、投資をした事がなく、資産運用で失敗するのは避けたい。どんなふうに考えれば安定した資産運用ができるのか、情報提供です。
お金の勉強・基本

老後資金2000万円を貯める為の3つのキーワード数字

老後2000万問題を発端に、多くの方が、老後資金の準備をしなければならない、と考え始めました。しかし、何をどうすればいいのか分からなく、中々行動できない方が多いのが現実です。 そもそも、2000万円という金額が正しいか否かは別として、2000万円を貯める為の3つのキーワードを解説させて頂きます。
経済(金利・為替・株価)

市場が急変時の時期の投資の考え方

米国の政策金利引下げ、更に米中の貿易戦争は解決の出口が全く読めない状況の中、投資初心者の方から「今の時期は投資は控えた方がいいのでしょうか・・・」との相談も頂いております。 残念ながら、それは賢い選択とは言えません。その根拠について解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

ドルコスト平均法で失敗しない為の2つの大事な考え方とは

金融庁が推奨する「貯蓄から資産形成へ」に向けて、具体的な手法が「ドルコスト平均法」になります。しかし、ただやればいいというものではないのです。注意点もあるのです。では、失敗しない為の2つの考え方についての解説です。
お金を増やす(金融商品)

積立投資にもデメリットはある!ドルコスト平均法の弱点は?

金融庁の推奨する「積立投資」。しかし、ただ漠然とやれば利益だ出る訳ではありません。金融商品に完璧な商品はありません。必ずメリット・デメリットはあります。デメリットを理解した上で行動する事が大事です。では「積立投資」のデメリットは何か?
お金を増やす(金融商品)

50代の初心者でも分かる つみたてNISA ファンドの選び方

金融庁も推奨する「積立NISA」。しかし、いざ行動しようと、ネット証券で口座開設までできても、そこから先が進めない方が多いのです。いわゆる「ファンドの選択」です。では、どうやってファンドを選べばいいのかを解説させて頂きます。
お金の勉強・基本

眠れないほどのお金の不安を解消する考え方

多くの日本人の悩みのトップは「お金」に関する事です。しかし、誰に相談すればいいのか、誰が信用できるのか、何も分からないまま、老後生活を迎え、「老後破産」になる方が急増しております。そうならない為に、今為すべき事は、やはりお金の勉強であり、実践です。
お金を増やす(金融商品)

時間分散

投資の基本は分散投資です。そして、何を分散するのか。その1つが「時間分散」です。 一度にまとめて運用する事で大きな利益を出せる場合もありますが、毎月コツコツと積上げていく「積立投資」は、今の時代の有力な運用手段です。
お金の勉強・基本

預貯金が抱えるリスクって?銀行に預けるだけでは資産は守れません!

日本人の約52%の運用先が銀行です。銀行は安全で信用できるイメージが強いようです。 しかし、時代は大きく変わりました。銀行では増えません。更に、銀行で預金をするリスクもあるのです。自分の大事な資産を守るためにどうすればいいのか。
派遣社員・パート

独身派遣社員でも老後資金の準備はできる?

多くの独身派遣社員の方は、不安を抱きながらお仕事をされております。まずは、年金の正しい知識を学んだ上で、老後資金を安全で効率的に増やす手段を学ぶ事が大切です。