積立投資に勢い

積立投資(iDeCo、積立NISA)

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.85

 

本日は「積立投資に勢い

 


積立投資に勢い

2月25日の日本経済新聞の3面記事です。

 

昨年から始めた『マネーセミナー

私が、一環して訴えてきた事が

★銀行預金からの脱皮

★「長期」、「分散」、「積立」投資

 

国の税制面での後押しもあり、ようやくという感じです。

 

記事にもありますが、「積立投資に勢い」が出てきた背景には、やはり、若年層に広がる年金不安ではないでしょうか。

 

一方で、40代、50代の方でも、新たに「積立投資を始める方が増えております。

 

 

そこで、本日は、何故、「積立投資」なのか??

改めて、確認をさせて頂きます。

 

なぜ、積立投資なのか

日本の構造は大きく変革をしております

・人口減少時代。特に高齢者が増え、若年層が減っている。

・つまり、社会保障制度は現状維持が困難な時代である事。

・併せて、人生100年時代に向けての準備も必要。

・結論として、「自分の年金は自分で準備する」覚悟が必要です。

 

銀行預金では、増えません

・日本人の金融資産は、増えない銀行に約52%。

・金融庁も推奨しているのが「長期」「分散」「積立投資です。

・併せて、国も「税制面」で後押しをしております。

 

ここまでは、多くの方が理解できます。

 

しかし、問題は、ここから先なのです。

 

何が問題なのか

●分かるけど、どうすればいいの?

●投資は怖いよ・・・。

●銀行が安全なんでしょ・・・。

 

そうなんです。

日本は「お金の教育」ができていない国なのです。

 

年金」の事も、「投資」の事もよく分からない。

 

お金の勉強」というだけで、

 

難しい!

 

私には、理解できない!!

 

そして、そのまま、老後生活に入り、苦労する。

 

結果として

 

生活保護を受給される高齢者世帯が増えているのが現実なんです。

 

併せて、高齢者の毎月の生活費の収支が、約54、000円の赤字なのです。

こちらの記事をご参照下さい。

https://wp.me/p9sIES-kK

 

併せて、ショッキングなデータも出てきました。

 

可処分所得10年で3%減

 

可処分所得とは、

収入ー(税金+社会保険料)=可処分所得(手取収入)

 

細かく分析をすると

■収入は横ばい

■所得税・住民税は減っている

■社会保険料は増えている

■年収500万円世帯で約12万円減

■年収1,500万円世帯で約33万円減

 

収入は増えないけど、社会保険料は増え続けているのが実態なのです。

 

ですので「税制優遇」されている積立投資である

・iDeCo

iDeCoについて詳しくはこの記事を↓

iDeCoって何ですか?
金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。意外と知られていないiDeCoについて・・・。

 

・積立NISA

積立NISAについて詳しくはこの記事を↓

積立NISAを丸裸
「貯蓄から資産形成へ」金融庁が推奨する積立投資。その代表的な商品が「積立NISA」です。20歳以上の方であれば、誰でもできる。その中味を丸裸にしました。

ここに、資金が集まるのは、当然の事なのです。

 

しかし、「税制優遇」はされていても、金融商品に完璧な商品はありません。

 

知らないと、損する「デメリット」もあるのです。

 

 

まずは、商品の特徴を理解し、早い段階で、積立投資」がスタートできるよう、勉強しましょう。

 

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

コメント