積立投資と銀行定期の違い

積立投資(iDeCo、積立NISA)

皆さん、おはようございます。

お金の極意」をお伝えするブログ。Vol.91

 

本日は「積立投資と銀行定期の違い

マネーセミナー』の参加申込は

「メニュー」⇒「セミナー予約」から


先日、自宅で夢中で本を読んでいたら、娘が本のタイトルを見て笑い始めました。

それが、この本です。

別に、笑える本ではないのですが、私が「お金の増やし方教科書」を夢中で読んでいた事がおもしろかったようです。

 

実に、共感できる内容で、一気に読んでしまいました。是非、多くの方にも読んで頂きたい推奨の本です。

 

さて、本題に入ります。私のセミナーに来られる方は、今尚、増えない銀行預金に預けている方が多いのです。

 

話しを聞くと、こんな感じです。

●株も投資もよく分からない。

●面倒くさい。

●銀行が安全。

 

で、セミナーが終わると、このように変わります。(参加者の7~8割)

●勉強させて下さい。

●積立投資始めます。

●また、来ていいですか。

 

昨年から始めた「マネーセミナー」に

●4回参加者が1人

●3回参加者が3人

●2回参加者が6人

 

2回以上の参加者はご理解されてますが、今までの12回の開催で同じ内容のセミナーにした事は一度もありません。

 

●参加者の声を次回のセミナーに追加する。

●最新情報を追加する。

●データを都度更新する。

 

ですので、2月22日の参加者の1人は、昨年5月以来の参加だったのですが、半分以上内容が変わっていた事に驚いてました。

 

で、またまた脱線してしまいましたので、改めて、本題に。

 

積立投資と銀行定期の違い」を簡単に。

1.増やせるのが「積立投資」、守るのが「銀行定期

2.節税できるのが「積立投資」、できないのが「銀行定期

3.元本保証ありが「銀行定期」保証なしが「積立投資

4.自動的に複利運用が「積立投資」自動でないのが「銀行定期

5.夢があるのが「積立投資」ため息出るのが「銀行定期

6.国が推奨しているのが「積立投資

7.企業の融資に使われるのが「銀行定期

8.個人も企業も成長できるのが「積立投資

9.一部の方しか利用できない「少額貯蓄非課税制度」が使えるのが「銀行定期

10.20歳以上の方ならほぼ誰しもが利用できる「非課税制度」が使えるのが「積立投資

 

気がついたまま、書かせて頂きました。

 

が、勘違いはしないで下さい。

 

あくまで、今現在での評価です。

昔は「銀行定期」もいい時代がありました。

 

私が銀行員時代の1990年(平成2年)

1、000万円以上の定期預金金利が自由化でした。

 

私のクライアントさんに、最高で8.5%つけた記憶があります。

 

そうすると、1,000万円をたかが1カ月預けただけで利息が何と

約56,000円!!

しかも、税引後ですよ!!

 

しかし、今の「銀行定期」の金利はなんと

0.01%

 

つまり、1カ月ではなく1年間預けてもつく利息は、何と

800円!

 

同じ、1,000万円でも

1カ月で56,000円ついた1990年

1年でも800円の今。

 

それでも、あなたは「銀行定期」をご選択されますか??

 

なぜ、国が「積立投資」を推奨しているのか?

 

マネーセミナー」でも詳しく解説をさせて頂きますので、是非一度ご参加してみて下さい。

 

■12月8日(土)14時00分開催の参加申込は↓

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

 

 

■12月18日(火)18時30分開催の参加申込は↓

マネーセミナー開催案内
ー初心者向けのやさしいお金の勉強会ー <人生100年時代を笑顔で迎える為のヒントが盛りだくさん!> 会場:プラット2.2 札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル1階 定員:10名 参加費:2...

 

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

 

コメント