非課税

公務員

公務員でもiDeCoに加入すべきか?メリット、デメリットを解説

2017年から公務員の方もiDeCoに加入する事ができ、順調に加入者は増えております。一方で、自営業や会社員と比較するとメリットは少ないのでは?との声も聞かれます。果たしてどうなのか。公務員がiDeCoに加入するべき明確な理由について解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAのデメリットを知った上でも始めた方がいい方とは

金融商品に完璧な商品はありません。大事な事はメリットもデメリットも理解した上で、複数の商品で分散投資をする事です。特につみたてNISAはデメリットがあろうが、始めた方がいい方がたくさんおります。その詳細について解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoは終盤のファンド見直しと受け取り方が大事!

金融庁の推奨もあり、順調に加入者が増えているiDeCo。 しかし、ただ始めればいいものではありません。目先の所得控除や、運用益が非課税だけに目がいきがちですが、大事な事は出口戦略です。つまり、溜まった資金を、いつどのように換金し使っていくのか。4つのポイントについて徹底解説です。
お金を増やす(金融商品)

「つみたてNISA」で資産を増やすポイントを解説

つみたてNISAは投資初心者にはお勧めの金融商品です。複雑なイメージがありますが、実はシンプルなのです。最初のしくみ作りができれば、以後はほったらかしでOKです。そんな、つみたてNISAの魅力についての解説です。
生命保険・介護保険

生命保険は何歳まで入れる?知っておきたい高齢者の保険加入

人生100年時代に合わせ、各保険会社も、高齢者の方が入りやすい環境作りを進めております。しかし、そもそも高齢者が保険に加入する必要はあるのか、それはどんな方なのか。注意点も含め、確認しましょう。
税金

つみたてNISAで税金はかかる?確定申告の時は何をすればいいの?

金融庁が推奨する「つみたてNISA」は非課税の貴重な金融商品です。一方で注意事項もありますので、商品のしくみを正しく理解する事が大事です。 その大事なポイントについて解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

ジュニアNISAとは?わかりやすく解説!

ジュニアNISAは「子ども版NISA」です。学資保険に代わる有力な運用商品になります。一方で様々な制限もありますので、制度のしくみを理解した上で効率良く活用したいものです。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAは金融庁が推奨する金融商品なんです!

つみたてNISAは、金融庁が推奨する積立投資の非課税投資商品です。残念ながらNISAとの併用はできませんので、自分に合った商品はどちらなのか、検討した上で判断をする事が大事です。
お金を増やす(金融商品)

NISAとは?わかりやすく解説

NISAは2014年1月1日から始まった、投資の新しい非課税制度です。金融商品は基本的に運用成績に対して、20.315%の税金が取られます。NISAは一定金額までは、税金がかかりませんので、正しい知識を身につけて、効率的に運用したいものです。
お金を増やす(金融商品)

財形貯蓄とは?わかりやすく解説します!

財形貯蓄、昔金利の高い時は税制面での優遇措置もあり、魅力ある貯蓄制度でしたが、時代は大きく変わりました。 ほとんど増えません。銀行預金からの脱皮が必要なのです。