非課税

生命保険・介護保険

生命保険は何歳まで入れる?知っておきたい高齢者の保険加入

人生100年時代に合わせ、各保険会社も、高齢者の方が加入しやすい環境作りを進めております。しかし、そもそも高齢者が保険に加入する必要はあるのか、それはどんな方なのか。注意点も含め、確認しましょう。
税金

つみたてNISAで税金はかかる?確定申告の時は何をすればいいの?

金融庁が推奨する金融商品が「積立NISA」です。長期・分散・積立という投資の基本を兼ね備えており、ファンドも金融庁の厳しい選定基準をクリアした商品です。では、実際に税金はかかるのか。確定申告は必要なのか?
お金を増やす(金融商品)

ジュニアNISA

ジュニアNISAは「子ども版NISA」です。学資保険に代わる有力な運用商品になります。一方で様々な制限もありますので、制度のしくみを理解した上で効率良く活用したいものです。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISA

つみたてNISAは、金融庁が推奨する積立投資の非課税投資商品です。残念ながらNISAとの併用はできませんので、自分に合った商品はどちらなのか、検討した上で判断をする事が大事です。
お金を増やす(金融商品)

NISA

NISAは2014年1月1日から始まった、投資の新しい非課税制度です。金融商品は基本的に運用成績に対して、20.315%の税金が取られます。NISAは一定金額までは、税金がかかりませんので、正しい知識を身につけて、効率的に運用したいものです。
お金を増やす(金融商品)

財形貯蓄

財形貯蓄、昔金利の高い時は税制面での優遇措置もあり、魅力ある貯蓄制度でしたが、時代は大きく変わりました。 ほとんど増えません。銀行預金からの脱皮が必要なのです。
相続・事業承継

生命保険の非課税枠

生命保険の非課税枠には大きく2つの効果があります。1つ目が節税対策、2つ目が遺産分割対策です。そして、生命保険は入ればいい、というものではありません。契約形態が重要になります。誰が契約者で、被保険者で、受取人か、これを間違うと、相続対策にはなりません。
自営業・フリーランス

フリーランスの老後に必要な自己資金は4000万円!工面する方法は?

最近、フリーランスの方が増えてきました。では、フリーランスの老後に必要な自己資金はいくらなのか?ずばり4,000万円です!その根拠について・・・。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoって何ですか?

金融庁は「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」と、言葉を変えながら国民に対し、投資を推奨しております。そして、その代表的な投資方法がiDeCoです。 意外と知られていないiDeCoについて・・・。
お金を増やす(金融商品)

児童手当が貯まった場合の運用手段とは

児童手当は、貴重な教育資金の財源になります。ですので、安全で効率よく運用する事が大事です。では、その有力な金融商品とは・・・。