年金生活者の実態

公的年金

年金を75歳からもらうと損なのか??

2020年4月から、国会では、年金を75歳からでも繰下げ請求できる、年金制度の改革法案が審議されております。一方で、75歳からの年金受給に関して、多くの批判の声も出ております。しかし、今回の改正案は年金の支給開始年齢ではなく、支給する年齢の選択肢を広くする改正である。では、75歳から年金をもらうと損するのか、解説です。
公的年金

国民年金保険料が払えないとどうなるのか?どうすればいい?

国民年金は20歳以上の方は強制加入です。しかし、様々な理由で保険料を払えない時もあります。では、払えない時期が長くなると、将来的にどうなるのか?そして、払えない場合はどうすればいいのかを解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCoは終盤のファンド見直しと受け取り方が大事!

金融庁の推奨もあり、順調に加入者が増えているiDeCo。 しかし、ただ始めればいいものではありません。目先の所得控除や、運用益が非課税だけに目がいきがちですが、大事な事は出口戦略です。つまり、溜まった資金を、いつどのように換金し使っていくのか。4つのポイントについて徹底解説です。
公的年金

老後2000万円問題で起こっている、公的年金の3つの勘違いとは

2019年は、「老後2000万円問題」を発端に、国民が真剣に老後資金について考える年になりました。一方で、老後資金作りの柱である「公的年金」は制度が複雑な為、正しく理解されている方は少なく、国会議員でも勘違いをされている方が多いのが現実です。本日は、公的年金で大事な3つの基本について解説をさせて頂きます。
老後の生活

老後に3000万円必要!とニュースで言われる根拠はあるの?

最近、テレビや雑誌の記事で『老後資金は3000万円必要』との情報を耳にする事が増えてきました。果たして、それは本当なのか?根拠はあるのか?老後資金準備の基本的な考え方についての解説です。
老後の生活

老後破産は単なる煽り?3000万円ないと本当に老後破産するのか

老後破産について、最近は様々な論調が出てきました。「老後破産は単なる煽り」「早々簡単に老後破産はしない」「3000万円ないと老後破産する・・・」等々。果たして現実はどうなのか。そもそも、自分の老後に必要な金額を知る方法について、解説です。
老後の生活

老後破産する人の共通点は2つ

老後破産をする方のタイプ、共通点はないか?実はあるのです。それは、今収入が高い、低いとかの次元ではありません。究極は心の問題です。 では、どのような心の方が、老後破産になる可能性が高いのか、解説をさせて頂きます。
派遣社員・パート

派遣社員の厚生年金加入には2つの条件が必要!

派遣社員でも厚生年金には加入できます。しかし、無条件ではなく2つの条件があります。更に将来もらえる年金額は、正社員と比較しても少なくなり、早い時期から、老後資金の準備も必要です。では、その具体的な方法とは・・・。
お金の勉強・基本

貯金?投資?老後を見据えたバランスのとり方とは

貯金 投資 、人生100年時代の安定した老後生活を送る為に、貯金だけでいいのか?投資はどの程度の割合で準備すればいいのか?そして、具体的な金融商品は?そんな疑問にお応えします。
お金の勉強・基本

20代でも必須の『老後のお金』の学び方

お金の勉強、人生100年時代を笑顔で送る為に、何が必要か。それは年金の知識であり、お金を増やす基本です。では、いつ学ぶのか?やはり20代の早い時期に学び行動する事が大事です。