NISA

お金を増やす(金融商品)

50代の初心者でも分かる つみたてNISA ファンドの選び方

金融庁も推奨する「積立NISA」。しかし、いざ行動しようと、ネット証券で口座開設までできても、そこから先が進めない方が多いのです。いわゆる「ファンドの選択」です。では、どうやってファンドを選べばいいのかを解説させて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

ジュニアNISA

ジュニアNISAは「子ども版NISA」です。学資保険に代わる有力な運用商品になります。一方で様々な制限もありますので、制度のしくみを理解した上で効率良く活用したいものです。
お金を増やす(金融商品)

NISA

NISAは2014年1月1日から始まった、投資の新しい非課税制度です。金融商品は基本的に運用成績に対して、20.315%の税金が取られます。NISAは一定金額までは、税金がかかりませんので、正しい知識を身につけて、効率的に運用したいものです。
お金を増やす(金融商品)

一括投資よりも積立投資を推奨する3つの理由とは

投資には、まとめて一括で運用する方法と、毎月コツコツと積立で運用する方法があります。どちらがいいのか?今の時代は、積立投資をお勧めします。その理由とは。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAを丸裸

「貯蓄から資産形成へ」金融庁が推奨する積立投資。その代表的な商品が「積立NISA」です。20歳以上の方であれば、誰でもできる。その中味を丸裸にしました。