nobu1118

公的年金

年金がいくらもらえるのか?受給額の計算は自分でできる!

人生100年時代。公的年金は老後生活を支える土台です。しかし、多くの方が年金のしくみや自分の年金がいくらもらえるのかを理解されてません。実は、年金の計算は誰でもできるのです。その計算方法について解説です。
お金を増やす(金融商品)

つみたてNISAのデメリットを知った上でも始めた方がいい方とは

金融商品に完璧な商品はありません。大事な事はメリットもデメリットも理解した上で、複数の商品で分散投資をする事です。特につみたてNISAはデメリットがあろうが、始めた方がいい方がたくさんおります。その詳細について解説です。
公的年金

年金減額の基準はいくらなのか?働き方を変えれば減額されない?

働きながら年金をもらうと年金が減らされる。これを「在職老齢年金制度」と言います。では、いくらの収入で年金が減らされるのか。そして、働き方を変えれば、年金は減らされないのか。誤解の多い点を解説です。
損害保険・地震保険・共済

地震保険に請求期限はあるのか?請求手続きのポイントを解説

地震保険に入っているけど、請求の仕方が分からない。そもそもいつまで請求できるのか。結局、分からないまま請求されない方が多いようです。地震保険には請求期限があります。そして、請求手続きも簡単です。誰でも気軽に請求できるよう、解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)の手数料が安い金融機関を解説します

iDeCo(イデコ)は金融庁推奨の金融商品であり、老後資金準備の最強商品です。一方で、手数料も複雑で分かりづらいのが実態です。知らないままiDeCoを初めても、同じ運用成果でも、手数料の違いで大きな差になり事もあります。では、どこの金融機関が安くてお勧めなのか、解説です。
お金を増やす(金融商品)

iDeCo(イデコ)を始める時、おすすめの3つの金融機関はここだ!

老後資金準備のための最強の金融商品がiDeCoになります。しかし、多くの方が、どこの金融機関を選べばいいのかが分からいのです。iDeCoを販売できる全金融機関の中から、どのような基準で選べばいいのかを解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい5つの注意点

年金の繰下げ請求できる年齢が70歳から75歳まで延長されそうです。つまり、年金を請求できる時期の選択肢が広がり、今後、繰下げ請求をされる方も増える事が予想されます。一方で、そこには5つの注意点がありますので、解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

楽天証券のiDeCoのファンドの選び方をわかりやすく解説

新型コロナウィルスの感染拡大の中、証券会社に口座を開設される方が増えております。特に、iDeCoやつみたてNISAに申込を希望する方が多いようです。一方で、ファンドの選択が難しく、中々前に進めない方も多いようですので、楽天証券でiDeCoのファンドの選び方について解説です。
公的年金

年金を75歳からもらうと損なのか??

2020年4月から、国会では、年金を75歳からでも繰下げ請求できる、年金制度の改革法案が審議されております。一方で、75歳からの年金受給に関して、多くの批判の声も出ております。しかし、今回の改正案は年金の支給開始年齢ではなく、支給する年齢の選択肢を広くする改正である。では、75歳から年金をもらうと損するのか、解説です。
公的年金

年金定期便の受取見込額から40万円以上増やせる!しかも50代!

50代の方は、年金定期便で、65歳から受取る年金額が分かります。しかし、その情報が全てではないのです。そこから、確実に年金を増やす方法があるのです。その方法を早い時期に知る事で、準備もできるのです。その確実に増やす方法を解説です。