投資

貯金?投資?老後を見据えたバランスのとり方とは

貯金 投資 、人生100年時代の安定した老後生活を送る為に、貯金だけでいいのか?投資はどの程度の割合で準備すればいいのか?そして、具体的な金融商品は?そんな疑問にお応えします。
国債

老後の資産形成におすすめのリスクの低い投資商品2つ

後を絶たない投資詐欺。金融商品には完璧な商品はありません。商品の特性を理解した上で、分散投資をする事が大事です。そして、その中でも、リスクの低い投資商品を2つご案内です。
お金の勉強

20代でも必須の『老後のお金』の学び方

お金の勉強、人生100年時代を笑顔で送る為に、何が必要か。それは年金の知識であり、お金を増やす基本です。では、いつ学ぶのか?やはり20代の早い時期に学び行動する事が大事です。
命を守る

生命保険は何歳まで入れる?知っておきたい高齢者の保険加入

人生100年時代に合わせ、各保険会社も、高齢者の方が加入しやすい環境作りを進めております。しかし、そもそも高齢者が保険に加入する必要はあるのか、それはどんな方なのか。注意点も含め、確認しましょう。
家族信託

認知症の親のお金を管理するために覚えておきたい2つの方法

急速に増えている認知症患者。では、自分の親が認知症になった場合、お金の管理はできるのか?そして、認知症になる前にやるべき対策はないのか。最低限覚えておきたい2つの方法とは。
積立投資(iDeCo、積立NISA)

積立NISAで税金はかかる?確定申告の時は何をすればいいの?

金融庁が推奨する金融商品が「積立NISA」です。長期・分散・積立という投資の基本を兼ね備えており、ファンドも金融庁の厳しい選定基準をクリアした商品です。では、実際に税金はかかるのか。確定申告は必要なのか?
命を守る

逓減定期保険

意外と活用されていないのが逓減定期保険です。本来、生命保険の必要保障額が、ある時期を過ぎれば減っていくのです。ところが、同じ保障金額で設定されている方がほとんど。 つまり、無駄な保険料を払っているのです。早く気付いて老後資金の準備をするべきです。
お金の勉強

金融リテラシー

金融リテラシー。残念ながら日本は先進国の中でもかなり遅れており、深刻な事態です。 問題は、国民にその認識が薄い事です。放置すれば、将来的に老後破産される方が増えます。金融庁も、投資のやり易い環境作りに奔走しており、実は今はチャンスの時なのです。
銀行

休眠預金

長い期間、放置された通帳。その数約6000億円。国はこのお金を社会事業に有効活用できるように法律を作りました。それが、「休眠預金等活用法」です。さて、自分の通帳は大丈夫なのか?
経済

世界同時株安

10月に入り、突然起きました。世界同時株安。原因は米金利の急上昇が引き金のようです。 世界の連鎖はすぐに歯止めがかかりましたが、やはり株式は何が起こるのか分かりません。 ですので、分散投資で手堅く運用を進めたいものです。