加給年金

公的年金

年金がいくらもらえるのか?受給額の計算は自分でできる!

人生100年時代。公的年金は老後生活を支える土台です。しかし、多くの方が年金のしくみや自分の年金がいくらもらえるのかを理解されてません。実は、年金の計算は誰でもできるのです。その計算方法について解説です。
公的年金

年金減額の基準はいくらなのか?働き方を変えれば減額されない?

働きながら年金をもらうと年金が減らされる。これを「在職老齢年金制度」と言います。では、いくらの収入で年金が減らされるのか。そして、働き方を変えれば、年金は減らされないのか。誤解の多い点を解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい5つの注意点

年金の繰下げ請求できる年齢が70歳から75歳まで延長されそうです。つまり、年金を請求できる時期の選択肢が広がり、今後、繰下げ請求をされる方も増える事が予想されます。一方で、そこには5つの注意点がありますので、解説をさせて頂きます。
公的年金

ねんきん定期便の受取見込額から40万円以上増やせる!しかも50代!

50代の方は、「ねんきん定期便」で、65歳から受取る年金額が分かります。しかし、その情報が全てではないのです。そこから、確実に年金を増やす方法があるのです。その方法を早い時期に知る事で、準備もできるのです。その確実に増やす方法を解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい意外な落とし穴

年金の繰下げ請求は、年金を増やす手段としては欠かすことのできない有効な手段です。一方で、知識不足から勘違いをされて、失敗をされる方もおります。では、どういうケースで勘違いをされるのか、具体的に解説をさせて頂きます。
老後の生活

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。
公的年金

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

年金制度は大事な制度なんですが、複雑で理解する事が困難です。そこで、中学生でも簡単に分かる年金の仕組みを解説させて頂きます。
公的年金

国民年金第2号被保険者をわかりやすく解説

国民年金第2号被保険者とは会社員や公務員が加入している厚生年金保険の被保険者の事です。第1号被保険者とは違い、将来の年金額を確実に増やす手段があります。知らないと損ですよ。
公的年金

加給年金とは?わかりやすく解説します!

意外と知られていないのが、加給年金です。年下の奥様がおられる方には、非常に有利な制度であり、年金定期便では分からない情報です。奥様が年下であればある程手当がたくさんもらえる加給年金とは・・・。
公的年金

在職老齢年金の仕組みを解説です

働きながら厚生年金を受給する場合に、ある一定金額を超えると、年金の支給が停止されます。これを「在職老齢年金」と言います。ですので、まずは、年金のしくみを正しく理解した上で、早い段階から100歳人生の準備が必要なのです。