加給年金

公的年金

ねんきんネットで試算すると自分がもらえる年金額が少ない!なぜ??

ねんきんネットでは、自分が将来もらえる年金額を確認できます。しかし、実際確認すると、以外と金額が少なく感じる事もあります。それには、明確な理由がありますので、なぜ少ないのかを理解する事が大事です。それを理解した上で、自分の年金額をどの程度増やす事ができるのか、国民年金と厚生年金に分けて具体的に解説です。
公的年金

ねんきんネットで自分のもらえる年金額を試算する際のポイント

ねんきんネットを使えば、自分が将来もらえる年金額を試算できます。その際に、押さえておきたい数字は2つ。1つは過去の給料収入で平均標準報酬月額です。2つ目が加入期間。この2つの正しい数字が分かれば、自分が何歳から年金をもらいたいのか、受給開始年齢を決めるだけです。受給開始年齢は60歳から75歳までの期間で選択できます。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金がもらえない方とは?具体例で解説します!

特別支給の老齢厚生年金は、名前の通り、特別の方が限定でもらえる年金です。しかし、制度のしくみが複雑な為に、もらえるのにもらわない方がおります。一方で、絶対にもらえない方もおります。では、もらえない方は誰なのか、具体例で解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金を遡って請求できるのか?誤解は損するだけ!

特別支給の老齢厚生年金に関する誤解が多いです。せっかく60歳から受給権があるのに、自分は65歳でないともらえないとか、仕事をして収入があるのでもらえないとか、様々な誤解で受給権を逃す方がおります。一方で、一度失いかけた受給権を遡って請求できのか、解説です。
公的年金

年金がいくらもらえるのか?受給額の計算は自分でできる!

人生100年時代。公的年金は老後生活を支える土台です。しかし、多くの方が年金のしくみや自分の年金がいくらもらえるのかを理解されてません。実は、年金の計算は誰でもできるのです。その計算方法について解説です。
公的年金

年金減額の基準はいくらなのか?働き方を変えれば減額されない?

働きながら年金をもらうと年金が減らされる。これを「在職老齢年金制度」と言います。では、いくらの収入で年金が減らされるのか。そして、働き方を変えれば、年金は減らされないのか。誤解の多い点を解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい5つの注意点

年金の繰下げ請求できる年齢が70歳から75歳まで延長されそうです。つまり、年金を請求できる時期の選択肢が広がり、今後、繰下げ請求をされる方も増える事が予想されます。一方で、そこには5つの注意点がありますので、解説をさせて頂きます。
公的年金

ねんきん定期便の受取見込額から40万円以上増やせる!しかも50代!

50代の方は、「ねんきん定期便」で、65歳から受取る年金額が分かります。しかし、その情報が全てではないのです。そこから、確実に年金を増やす方法があるのです。その方法を早い時期に知る事で、準備もできるのです。その確実に増やす方法を解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい意外な落とし穴

年金の繰下げ請求は、年金を増やす手段としては欠かすことのできない有効な手段です。一方で、知識不足から勘違いをされて、失敗をされる方もおります。では、どういうケースで勘違いをされるのか、具体的に解説をさせて頂きます。
老後の生活

「老後30年、2000万円不足」報道の誤解

2019年5月22日、金融庁から公表された「高齢社会における資産形成・管理」が大きな反響になっており、その中でも「老後30年、2000万円不足」との部分が数字だけ一人歩きをして混乱しております。では、その2000万円の算定根拠は?真実性はあるのか?解説です。