繰下げ請求

公的年金

特別支給の老齢厚生年金をもらい忘れた!どうすればいいの??

特別支給の老齢厚生年金。聞いた事はあるけど、内容を理解していない。結果的に請求せずに損をされている方が多くおります。もし、もらい忘れた場合、どうすればいいのか?わかりやすく解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金とは?もらわないと損なのか?

複雑な日本の年金制度。中でも「特別支給の老齢厚生年金」は誤解されやすい年金です。名前の通り、特別な年金であり、もらえる方も限定されております。では、誰がどの位もらえるのか。分かりやすく解説です。
年金定期便

「ねんきん定期便」のどこを見ればいいのか?見方を徹底解説します!

「ねんきん定期便」は、毎年、誕生日月にハガキで送られてきます。「ねんきん定期便」は非常に重要な書類です。そして、現実「ねんきん定期便」の内容を見直したところ、年額で100万円以上の年金額が増えた事例もあります。では、どこを見ればいいのか?解説です。
公的年金

「ねんきんネット」で自分がもらえる年金額を試算できる!

「ねんきんネット」は、自分のインターネットを使い、自分の年金情報を確認し、自分が将来もらえる年金額も試算できます。そして、将来の実態に合わせて様々なシミュレーションもできます。ですので使わないと損です。多くの方に使い方を解説します。
公的年金

「付加年金」とは?わかりやすく解説します!

毎月400円の保険料の上乗せで、2年で元が取れる。長生きすればする程得をする。それが、付加年金です。付加年金にはメリットもあればデメリットもありますが、非常に効率の高い制度になります。
公的年金

年金がいくらもらえるのか?受給額の計算は自分でできる!

人生100年時代。公的年金は老後生活を支える土台です。しかし、多くの方が年金のしくみや自分の年金がいくらもらえるのかを理解されてません。実は、年金の計算は誰でもできるのです。その計算方法について解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい5つの注意点

年金の繰下げ請求できる年齢が70歳から75歳まで延長されそうです。つまり、年金を請求できる時期の選択肢が広がり、今後、繰下げ請求をされる方も増える事が予想されます。一方で、そこには5つの注意点がありますので、解説をさせて頂きます。
公的年金

年金を75歳からもらうと損なのか??

2020年4月から、国会では、年金を75歳からでも繰下げ請求できる、年金制度の改革法案が審議されております。一方で、75歳からの年金受給に関して、多くの批判の声も出ております。しかし、今回の改正案は年金の支給開始年齢ではなく、支給する年齢の選択肢を広くする改正である。では、75歳から年金をもらうと損するのか、解説です。
公的年金

ねんきん定期便の受取見込額から40万円以上増やせる!しかも50代!

50代の方は、「ねんきん定期便」で、65歳から受取る年金額が分かります。しかし、その情報が全てではないのです。そこから、確実に年金を増やす方法があるのです。その方法を早い時期に知る事で、準備もできるのです。その確実に増やす方法を解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい意外な落とし穴

年金の繰下げ請求は、年金を増やす手段としては欠かすことのできない有効な手段です。一方で、知識不足から勘違いをされて、失敗をされる方もおります。では、どういうケースで勘違いをされるのか、具体的に解説をさせて頂きます。