繰下げ請求

公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい5つの注意点

年金の繰下げ請求できる年齢が70歳から75歳まで延長されそうです。つまり、年金を請求できる時期の選択肢が広がり、今後、繰下げ請求をされる方も増える事が予想されます。一方で、そこには5つの注意点がありますので、解説をさせて頂きます。
公的年金

年金を75歳からもらうと損なのか??

2020年4月から、国会では、年金を75歳からでも繰下げ請求できる、年金制度の改革法案が審議されております。一方で、75歳からの年金受給に関して、多くの批判の声も出ております。しかし、今回の改正案は年金の支給開始年齢ではなく、支給する年齢の選択肢を広くする改正である。では、75歳から年金をもらうと損するのか、解説です。
公的年金

年金定期便の受取見込額から40万円以上増やせる!しかも50代!

50代の方は、年金定期便で、65歳から受取る年金額が分かります。しかし、その情報が全てではないのです。そこから、確実に年金を増やす方法があるのです。その方法を早い時期に知る事で、準備もできるのです。その確実に増やす方法を解説です。
公的年金

繰下げ請求の手続きで気をつけたい意外な落とし穴

年金の繰下げ請求は、年金を増やす手段としては欠かすことのできない有効な手段です。一方で、知識不足から勘違いをされて、失敗をされる方もおります。では、どういうケースで勘違いをされるのか、具体的に解説をさせて頂きます。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金と支給停止のしくみを勘違いしてませんか?

複雑な年金制度を理解できない方が多いのが現実。 特に、2つの老齢厚生年金。1つは特別支給の老齢厚生年金。もうひとつは本来の老齢厚生年金です。実は、しくみが全く違うのです。特に誤解の多い「特別支給の老齢厚生年金」について、よくある誤解を解説です。
自営業・フリーランス

60歳以降はフリーランスになる事で生まれる4大メリットを解説

人生100年時代を考える上で、一番の問題は老後資金の準備であり、いかに年金を多くもらうのかです。更に、その為に大事なポイントが60歳以降、どのような形態で働き、何歳まで働くかです。特に、会社員として働く事が当たり前と思っている方に、一度フリーランスとして働いた場合に生まれる4大メリットを解説です。
公的年金

在職老齢年金とは?働きながら年金をもらうと損なのか?

2019年は老後2000万円問題から始まり、これからの年金制度について、国内で大きな議論となりました。特に、働きながら年金をもらう「在職老齢年金」については、賛否が分かれ、政治の世界を超え、国民の間でも注目をされました。一方で勘違いが多いのも現実です。そのよくある勘違いについての解説です。
お金の勉強・基本

老後のために退職金で資産運用するときに考えておきたい3つのこと

50代前半になり、そろそろ退職金のことも考えるようになった中小企業の会社員。 いざ、退職金をもらったら、それを元手に少しでも老後資金を増やしたいと考えているが、今までは預貯金ばかりで、投資をした事がなく、資産運用で失敗するのは避けたい。どんなふうに考えれば安定した資産運用ができるのか、情報提供です。
公的年金

老後2000万円問題で起こっている、公的年金の3つの勘違いとは

2019年は、「老後2000万円問題」を発端に、国民が真剣に老後資金について考える年になりました。一方で、老後資金作りの柱である「公的年金」は制度が複雑な為、正しく理解されている方は少なく、国会議員でも勘違いをされている方が多いのが現実です。本日は、公的年金で大事な3つの基本について解説をさせて頂きます。
お金を増やす(金融商品)

米国ゼロクーポン債を購入する前の大事な2つのポイント

米国ゼロクーポン債を購入する前のポイントは金利なのか?為替なのか? どちらも大事ではありますが、それ以上に大事な2つのポイントについて解説をさせて頂きます