結婚をしたら、まず考えるべき事

世代別・職業別ライフイベント

知らないと人生を10倍損する金のしくみ」Vol.35

 

本日は「結婚をしたら、まず考えるべき事」です。

 


長い人生を考えれば、大きな転換期になるのが、やはり結婚ですよね!

 

夢見て結婚し、待ち受けているのが、何か現実の生活であり、現実社会です。

 

そこで、現実的なお話をさせて頂きますね。

結婚後、3つの大きな費用が必要になります。

1.教育資金

2.住宅資金

3.老後資金

 

では、いつから準備するのか?

1の教育資金は、結婚後、すぐに始めて下さい。

えっーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子ども生まれてから学資保険入ればいいのでは?

そう、考えている方が多いのが現実です。

 

では、具体的に根拠を説明します。

教育資金でも、大きな金額が動くのは大学入学時です。

ここからの4年間で、最低500万円が必要です。

では、500万円を何年で準備したら、毎月いくら必要か?

 

<金利が1%で試算>・・・学資保険等

●18年⇒21,250円

●20年⇒18,750円

●22年⇒17,090円

 

<金利が3%で試算>・・・変額保険、投資信託等

●18年⇒17,920円

●20年⇒15,420円

●22年⇒13,750円

 

*ちなみに金利が0%なら・・・たんす預金、銀行預金

●18年⇒23,150円

●20年⇒20,840円

●22年⇒18,940円

ポイントは2つですね。

早い段階で始めるのが負担が軽い

金利の違いで毎月の負担が大きく変わる

 

*例えば、同じ20年でも、0金利と3%では

月で5,420円

年間で65,040円

20年で130万円違うのです!

軽自動車1台買えます!

 

では、3%の金利の商品は?

リスクは??

 

詳しくは、11月29日付のブログでご説明してます。

今のお金を2倍にする方法とは
今、手元にあるお金を2倍にする為に、どうすればいいのか。実は簡単に計算ができます。それが「72の法則」です。後は、どの方法で増やすのか、実行するのみです。

 

 

キーワードは「GPIF」です。←ここをクイック

 

成功事例のマネをする事が実は、成功の早道でもあるのです。

 

過去、直近16年間の運用実績は

3.20%

これが、長期運用で且つ安全優先の運用手段での成果なんです!

 

 

教育資金の準備をしながら住宅資金、老後の資金の準備も必要なんですよ。

 

だから、「お金」の勉強が必要なのです。

これからも、皆さんと一緒に学んでいけたら嬉しいです。

 

本日も、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

コメント

  1. 豊田博文 より:

    おはようございます。
    結婚した時にこの情報が欲しかったーっ。
    子供達には間に合いませんが、老人になる自分達のために・・・。
    セミナーに行きますから!!
    本日もありがとうございました。

    • nobu1118 より:

      おはようございます。
      そうなんです。自分もそう思ってます(笑)
      自分の子どもには苦労掛けたくないので、これから教えていきます。
      本日もありがとうございました。