国民年金保険料の免除制度

老後の生活・準備

皆さん、おはようございます。

誰にでも分かる金融用語・金融商品辞典」Vol.3

本日は「国民年金保険料の免除制度

 

マネーセミナー」の参加申込は↑

「メニュー」を押す⇒「セミナー予約」を押す⇒お名前を入力

⇒メールアドレスを入力⇒ご希望の開催予定日を押す⇒送信ボタンを押す


分かるようで分からない「金融用語・金融商品

でも、知らないと大変な事になります。

特に、年金制度は複雑なんです!

 

 

国民年金は、「強制加入」です。しかし、現実は収入の減少や失業、病気等により、保険料の納付が困難な方もおります。

しかし、これを放置しておくと、将来の「老齢基礎年金」や「障害基礎年金」、「遺族基礎年金」の受給に際し、受け取る事ができない事態になります。

その為に、正しく制度を理解する事が大事なんです。

免除制度

全額免除(月16、490円が0円に)

言葉の通り、保険料の払込が全額免除されます。

具体的には、本人、配偶者、世帯主それぞれの前年所得が、一定の金額以下であれば、申請者本人が免除を受ける事ができます。

計算式はこんな感じです。

(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

これだけでは、よく分からないので、更に具体的に

■家族が自分と奥様だけ(扶養親族1人)⇒92万円

■家族が自分と奥様、お子様1人(扶養親族2人)⇒127万円

 

4分の3免除(月16、490円が4,120円に減額)

78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

ここから、計算がややこしくなりますね。

扶養親族等控除額と社会保険料控除額については、年末調整・確定申告で申告された金額です。ですのでお手元にある源泉徴収票か確定申告控等で確認してみて下さい。

 

半額免除(月16、490円が8、250円に減額)

118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 

4分の1免除(月16、490円が12、370円に減額)

158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 

このように、全額免除は厳しくても、半額免除や4分の1免除であれば、該当される方はいるはずです。

不明な方、不安な方は、地元の市(区)役所の国民年金担当窓口に相談してみてください。

明日は、「納税猶予制度」です。

コメント