投資信託

お金を増やす(金融商品)

SBI証券でつみたてNISAを始める時 ファンドの選び方

積立投資を始めたいが、中々前に進めない方が増えてます。その最大の原因がファンドの選定です。今回は、SBI証券で、つみたてNISAを始める時、153本のファンドから、どのようにファンドを選べばいいのか。その考え方、そして、最終的に6本の選ばれたファンドも紹介をさせて頂きます。
お金の勉強・基本

老後のために退職金で資産運用するときに考えておきたい3つのこと

50代前半になり、そろそろ退職金のことも考えるようになった中小企業の会社員。 いざ、退職金をもらったら、それを元手に少しでも老後資金を増やしたいと考えているが、今までは預貯金ばかりで、投資をした事がなく、資産運用で失敗するのは避けたい。どんなふうに考えれば安定した資産運用ができるのか、情報提供です。
お金の勉強・基本

投資信託でよくある勘違いとは

投資信託は優れた金融商品です。しかし、意外と勘違いをされながら運用されているのが多いのが現実です。投資をする目的は何なのか。利益をどのように活用するのか。どこから購入すればいいのか。様々な角度から解説です。
お金の勉強・基本

小学生でも分かる投資信託:インデックスファンド、アクテイブファンドとは

投資信託を始めようと思っているが「インデックス型」「アクテイブ型」という言葉にぶつかり、何がどうなっているのか分からずに止まっている方が多いのが現実です。この「インデックスファンド」「アクテイブファンド」とは何なのか?結局、どっちがいいのか。解説です。
お金を増やす(金融商品)

積立投資にもデメリットはある!ドルコスト平均法の弱点は?

金融庁の推奨する「積立投資」。しかし、ただ漠然とやれば利益だ出る訳ではありません。金融商品に完璧な商品はありません。必ずメリット・デメリットはあります。デメリットを理解した上で行動する事が大事です。では「積立投資」のデメリットは何か?
お金を増やす(金融商品)

投資信託営業の問題点、回転売買とは

投資信託の営業現場で行われているのが「回転売買」です。投資の基本の1つである「長期」を無視した手法であり、それが金融機関の主導で行われているのであれば大きな問題です。その実態に迫ります。
お金を増やす(金融商品)

投信の成績表

金融庁の要請により実現した「投信の成績表」。初の全社開示。この情報をどのように活用すればいいのか、数字から読み取れる真実とは・・・。
お金を増やす(金融商品)

投資信託とは

投資信託は投資の中心となる運用商品です。少額から、幅広い銘柄に分散投資が可能ですので、基本的なしくみ、リスク、手数料等を正しく理解した上で、効率良く運用したいですね。
お金を増やす(金融商品)

インベスターリターン(IR)

投資信託の成績を示す指標に「トータルリターン」があります。しかし、この指標だけでは、実際に投資家全体の損益は分かりません。そこで注目されている指標が「インベスターリターン」です。この2つの指標を比較する事で投資成績の全体象が分かります。
お金を増やす(金融商品)

ファンドラップ

最近、急増する「ファンドラップ」。特に、投資初心者向けにサービスが提供されているようです。 果たして、その中味に問題がないのか。検証が必要な商品です。