特別支給の老齢厚生年金

公的年金

特別支給の老齢厚生年金はいくらもらえるの?計算方法を解説します!

特別支給の老齢厚生年金は、特別な方限定で、最長で5年間もらえる年金です。多くの方は65歳からもらえる老齢厚生年金と混同されてます。しかし、制度が違うので、別々の請求が必要です。では、いくらもらえるのか。自分で計算もできます。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金がもらえない方とは?具体例で解説します!

特別支給の老齢厚生年金は、名前の通り、特別の方が限定でもらえる年金です。しかし、制度のしくみが複雑な為に、もらえるのにもらわない方がおります。一方で、絶対にもらえない方もおります。では、もらえない方は誰なのか、具体例で解説です。
公的年金

[2021年限定版]今年、特別支給の老齢厚生年金を請求できる方

特別支給の老齢厚生年金に関するご質問、ご相談を多く頂きます。複雑過ぎて理解できないのが実態です。そして、請求できるのに何らかの理由で請求しない方もおります。大事な事は、請求のご案内がきたら、まず請求をする事です。では、具体的に、2021年、誰が請求できるのか。具体的に解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金を遡って請求できるのか?誤解は損するだけ!

特別支給の老齢厚生年金に関する誤解が多いです。せっかく60歳から受給権があるのに、自分は65歳でないともらえないとか、仕事をして収入があるのでもらえないとか、様々な誤解で受給権を逃す方がおります。一方で、一度失いかけた受給権を遡って請求できのか、解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金の手続きをする前に知っておきたい事とは?

老齢厚生年金は2つあります。特別支給の老齢厚生年金と本来支給の老齢厚生年金です。同じ厚生年金でありながら、しくみが違います。更に、特別支給の老齢厚生年金は、特別の方しかもらえない年金なのです。ですので、手続きを誤ると、将来的に後悔する事になる可能性があります。その手続きをされる前に知っておきたい大事なポイントについて解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金を働きながら満額もらえる3つの方法を解説

60歳を過ぎると、働く時間を減らしながら、特別支給の老齢厚生年金をもらう方が多いようです。それは、給料と年金の合計金額が28万円を超えると、年金が減らされるからです。 では、労働時間を減らさずに、年金も満額もらえる方法はないのか? 現時点で可能な方法を解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金の支給停止の計算方法を解説します

特別支給の老齢厚生年金は特別な年金です。もらわないと損です。一方で、働きながら年金をもらうと、年金が減らされる事もあります。では、いくら年金が減るのか?実は、誰でも簡単に計算ができます。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金をもらい忘れた!どうすればいいの??

特別支給の老齢厚生年金。聞いた事はあるけど、内容を理解していない。結果的に請求せずに損をされている方が多くおります。もし、もらい忘れた場合、どうすればいいのか?わかりやすく解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金とは?もらわないと損なのか?

複雑な日本の年金制度。中でも「特別支給の老齢厚生年金」は誤解されやすい年金です。名前の通り、特別な年金であり、もらえる方も限定されております。では、誰がどの位もらえるのか。分かりやすく解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金が支給停止!年金をもらえる方法はあるのか?

特別支給の老齢厚生年金は、言葉の通り、特別に対象者も限定された年金です。しかし、多くの方が、給料と年金の合計額が一定金額を超える為に、支給停止されます。何もしなければ、支給停止された金額は戻りません。では、支給停止されない方法はないのか。解説です。