公的年金

公的年金

年金を確実に増やすはずの繰下げ請求で起こりうる意外な落とし穴

年金の繰下げ請求は、年金を増やす手段としては欠かすことのできない有効な手段です。一方で、知識不足から勘違いをされて、失敗をされる方もおります。では、どういうケースで勘違いをされるのか、具体的に解説をさせて頂きます。
公的年金

国民年金保険料が払えないとどうなるのか?その場合の対策を解説

複雑な年金制度。 サラリーマンの方は、自動的に給与天引きで年金保険料が引かれますので問題ありません。 しかし、自営業・フリーランスの方は、自己管理が必要です。 特に、年金の未納が続くと、将来的に大きな損害となる事もあります。 では、実際に国民年金保険料が払えないとどうなるのか? その場合の対策を解説です。
公的年金

誰にも聞けない特別支給の老齢厚生年金のしくみとよくある誤解を解説

複雑な年金制度を理解できない方が多いのが現実。 特に、2つの老齢厚生年金。1つは特別支給の老齢厚生年金。もうひとつは本来の老齢厚生年金です。実は、しくみが全く違うのです。特に誤解の多い「特別支給の老齢厚生年金」について、よくある誤解を解説です。
公的年金

働きながら年金をもらうと損なのか?在職老齢年金の勘違いを解説

2019年は老後2000万円問題から始まり、これからの年金制度について、国内で大きな議論となりました。特に、働きながら年金をもらう「在職老齢年金」については、賛否が分かれ、政治の世界を超え、国民の間でも注目をされました。一方で勘違いが多いのも現実です。そのよくある勘違いについての解説です。
公的年金

老後2000万円問題で起こっている、公的年金の3つの勘違いとは

2019年は、「老後2000万円問題」を発端に、国民が真剣に老後資金について考える年になりました。一方で、老後資金作りの柱である「公的年金」は制度が複雑な為、正しく理解されている方は少なく、国会議員でも勘違いをされている方が多いのが現実です。本日は、公的年金で大事な3つの基本について解説をさせて頂きます。
公的年金

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
公的年金

国民年金・厚生年金を増額するためにできる4つのこと

「年金増額」、人生100年時代の準備にあたり最大の関心は、やはり年金を増やす事です。では、具体的にどうすれば年金を増やす事ができるのか、4つのできる事。誰にでもできます。
公的年金

中学生でも簡単に分かる年金の仕組み

年金制度は大事な制度なんですが、複雑で理解する事が困難です。そこで、中学生でも簡単に分かる年金の仕組みを解説させて頂きます。
公的年金

学生時代の年金未納で将来の年金額はどれくらい減額される?

学生納付特例制度は、多くの学生が利用されている一方で、特例申請をしないで保険料未納の方も多く、更に30代前半までの年齢層で、保険料未納の方が多いのが現実です。 では、このまま未納が続くと、どのような影響が出るのか、知らないと、大変な事態になります。
公的年金

国民年金第3号被保険者をわかりやすく解説

国民年金第3号被保険者は、不公平感がある、との事で様々議論がされています。一方で大事なのは届出です。特に第3号から第1号に変更になる場合は、しっかり届出をしておかないと、将来的に無年金や低年金になる可能性がありますのでご注意です。