公的年金

公的年金

繰下げ請求で年金を増やそうと考えている方の5つの注意点

年金の繰下げ請求できる年齢が70歳から75歳まで延長されそうです。つまり、年金を請求できる時期の選択肢が広がり、今後、繰下げ請求をされる方も増える事が予想されます。一方で、そこには5つの注意点がありますので、解説をさせて頂きます。
公的年金

年金を75歳からもらうと損なのか??

2020年4月から、国会では、年金を75歳からでも繰下げ請求できる、年金制度の改革法案が審議されております。一方で、75歳からの年金受給に関して、多くの批判の声も出ております。しかし、今回の改正案は年金の支給開始年齢ではなく、支給する年齢の選択肢を広くする改正である。では、75歳から年金をもらうと損するのか、解説です。
公的年金

50代の会社員でも年金定期便の見込額から40万円以上増やせる!

50代の方は、年金定期便で、65歳から受取る年金額が分かります。しかし、その情報が全てではないのです。そこから、確実に年金を増やす方法があるのです。その方法を早い時期に知る事で、準備もできるのです。その確実に増やす方法を解説です。
公的年金

年金を確実に増やすはずの繰下げ請求で起こりうる意外な落とし穴

年金の繰下げ請求は、年金を増やす手段としては欠かすことのできない有効な手段です。一方で、知識不足から勘違いをされて、失敗をされる方もおります。では、どういうケースで勘違いをされるのか、具体的に解説をさせて頂きます。
公的年金

国民年金保険料が払えないとどうなるのか?その場合の対策を解説

複雑な年金制度。 サラリーマンの方は、自動的に給与天引きで年金保険料が引かれますので問題ありません。 しかし、自営業・フリーランスの方は、自己管理が必要です。 特に、年金の未納が続くと、将来的に大きな損害となる事もあります。 では、実際に国民年金保険料が払えないとどうなるのか? その場合の対策を解説です。
公的年金

誰にも聞けない特別支給の老齢厚生年金のしくみとよくある誤解を解説

複雑な年金制度を理解できない方が多いのが現実。 特に、2つの老齢厚生年金。1つは特別支給の老齢厚生年金。もうひとつは本来の老齢厚生年金です。実は、しくみが全く違うのです。特に誤解の多い「特別支給の老齢厚生年金」について、よくある誤解を解説です。
公的年金

働きながら年金をもらうと損なのか?在職老齢年金の勘違いを解説

2019年は老後2000万円問題から始まり、これからの年金制度について、国内で大きな議論となりました。特に、働きながら年金をもらう「在職老齢年金」については、賛否が分かれ、政治の世界を超え、国民の間でも注目をされました。一方で勘違いが多いのも現実です。そのよくある勘違いについての解説です。
公的年金

老後2000万円問題で起こっている、公的年金の3つの勘違いとは

2019年は、「老後2000万円問題」を発端に、国民が真剣に老後資金について考える年になりました。一方で、老後資金作りの柱である「公的年金」は制度が複雑な為、正しく理解されている方は少なく、国会議員でも勘違いをされている方が多いのが現実です。本日は、公的年金で大事な3つの基本について解説をさせて頂きます。
公的年金

「公的年金制度は破綻する」との声に反論する

2019年5月22日の金融庁の発信文章が元で「公的年金制度は破綻する」との声が広まりました。果たしてそうなのでしょうか。根拠はあるのか?様々な角度から「公的年金制度」について解説をさせて頂きます。
公的年金

国民年金・厚生年金を増額するためにできる4つのこと

「年金増額」、人生100年時代の準備にあたり最大の関心は、やはり年金を増やす事です。では、具体的にどうすれば年金を増やす事ができるのか、4つのできる事。誰にでもできます。