公的年金

公的年金

国民年金保険料を未納した場合のデメリットをわかりやすく解説

新型コロナウィルスの感染拡大で、会社が倒産したり、会社を解雇され、仕事ができずにご苦労されている方も増えております。そんな時は、税金や社会保険料等、様々な救済措置もありますので、使える制度は使わないと、将来の老後生活にも大きく影響が出ます。 その代表が年金です。年金保険料の未納が続くとどうなるのか?解説です。
公的年金

年金の繰上げ請求で生じるデメリットをわかりやすく解説

新型コロナウィルスで生活が苦しく、年金を繰上げして早くもらいたい。そんな相談が、年金事務所に増えているようです。しかし、制度のしくみを理解しないままに繰上げ請求をすると、生涯にわたり、不利益を被る事もあります。そんな、繰上げ請求で生じるデメリットを解説です。
公的年金

中高齢寡婦加算とは?遺族の妻を守る貴重な制度を分かりやすく解説

中高齢寡婦加算とは、名前の通り、中高齢、つまり中年から高齢世代になるまでの期間に、再婚していない女性を支援するための、遺族厚生年金に加算される貴重な制度です。 しかし、誰しもがもらえる制度ではありません。制度の内容について、解説です。
公的年金

遺族年金が打ち切りされる!どんなケースで起こるのか?具体例で解説

大事な人生のパートナーを失い、遺族年金により、何とか最低限の生活を確保。 しかし、家族状況等により、遺族年金が打ち切りになる事もあります。 では、どんな状況で遺族年金が打ち切りになるのか? 具定例で解説です。
公的年金

遺族年金がもらえないケースとは?分かりやすく解説します

ご主人が亡くなると、遺族年金がもらえる。 多くの奥様は、そのように考えてます。 しかし、残念ながら全ての方がもらえる訳ではないのです。 遺族年金をもらうには、法律で要件が決められています。 ですので、要件に該当しない方には、遺族年金はもらえません。 では、どのケースがもらえないのか?解説です。
公的年金

遺族年金はいくらもらえるの?いつまでもらえるの??

訃報は突然やってくる場合があります。そんな時に生活を守ってくれるのが「遺族年金」です。しかし、遺族年金だけで生活できる方は限定されます。ですので、不足する金額を生命保険で準備する必要があります。その上で、適正な金額を計算するには、「遺族年金」がどれだけもらえるのかを正しく理解する事が重要です。
公的年金

平均標準報酬月額と平均標準報酬額の違いをわかりやすく解説

自分がもらえる年金額を計算したい。実は誰にでもできるのですが、そこには聞き慣れない専門用語も出てきます。「平均標準報酬月額」と「平均標準報酬額」。似てますが、実は違うのです。どこが違うのか、わかりやすく解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金を働きながら満額もらえる3つの方法を解説

60歳を過ぎると、働く時間を減らしながら、特別支給の老齢厚生年金をもらう方が多いようです。それは、給料と年金の合計金額が28万円を超えると、年金が減らされるからです。 では、労働時間を減らさずに、年金も満額もらえる方法はないのか? 現時点で可能な方法を解説です。
公的年金

ねんきんネットのアクセスキーが有効期限切れ?どうしたらいいの??

ねんきんネットで、自分の将来の年金額を確認できます。しかし、初めて「ねんきんネット」を利用する際に、多くの方が、「アクセスキー」の有効期限切れで止まってしまいます。その時は慌てる必要はありません。どうすればいいのか、解説です。
公的年金

特別支給の老齢厚生年金の支給停止の計算方法を解説します

特別支給の老齢厚生年金は特別な年金です。もらわないと損です。一方で、働きながら年金をもらうと、年金が減らされる事もあります。では、いくら年金が減るのか?実は、誰でも簡単に計算ができます。